あちこちで、水が吹いています。

暖かくなり、凍っていた水道も溶けて、使えるようになったかと思えば、あちこちの水道管から水が噴出してきます。

水を出しっぱなしにして帰っていたんですが、いつの間にかブレーカーが落ちていて、水が止まっていました。

おかげでそのまま水が凍り、水道管の破裂となったようです。

水道管の水が溶けるや否や、水が噴出します。
あわててバルブをしめるものの、もう床は、水浸し。おまけに、この水道管が、湯沸かし器へ行く水道管であったため、1日中湯を使うことはできません。

油物などの、洗い物はお湯を沸かして、ためて、それで洗いました。

久住高原の冬では、毎日、毎日いろんなトラブルがありすぎます。

まともに営業できる日が、今年になってまだ数日しかありません。

ひとまず、水浸しになった床の回復に全力を注ぎます。

荷物を全て移動し、濡れたダンボールなどは、捨てて、中身は、別の場所へ移動させます。
なかなか大変です。

次に、建物の中に、従業員用のトイレがあるのですが。そのトイレは、水はまだ凍ったまま、排水も凍ったままで、使い物になりません。

バケツで水を汲み流すのですが、排水が凍っているため無駄です。便器からあふれてきます。

こちらは、溶けるまで、待てば。解決です。待つしかありません。

気分を変えようと、外に出て、隣の建物にある一般用のトイレの様子を見に行くと、どうやら、役場が水を止めて、凍結防止をしているようで、水が出ません。

しかし、なんか足元が水浸しだなと思っていると、なんと、水をくみ上げるためのタンクから、水がじゃんじゃんあふれているではありませんか

わかりにくいでしょうが、水があふれています。

この状況は、どうしようもないので、すぐに役場に連絡することに。

役場はあわてることなく、お昼から、相談してくるということになりました。

本当は今すぐ来てほしかったんですが・・・

いま、役場の方を待っています。

この公園のトイレの中も一箇所、水道管が破裂しているか世があります。
なので、そこを修理しないと、水を流すことは無理ですね。

あわせて、報告するつもりです。

トイレの掃除は、私がやっていますが、トイレの水を止めたりするのは、ちょっと管理しきれませんでした。

アラフィフになって、ほんとにいろんなトラブル&体験をさせていただいています。

ただただ、営業をするだけでなく、緊急時の対応も上手くなりつつあります。田舎暮らしの醍醐味を味わっています。

明日は、どんなトラブルが待ち受けているのかわくわくします。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。