お店の水道が凍りました!!

2018年8月3日

またまた、店舗の水道が凍ってしまいました。

一ヶ月ほど前も水道が、凍結したので、今回は毎日水をちょろちょろと出して帰宅していたんです。

ところが、地下水がタンクに入るまでの太い管が、凍ったようでどうしようもありません。

なので、タンクに水が入っていません。その結果水が使えないという状況です。

 

しかも営業中に、水を使っていたんですが、お客様がこられて、鍋焼きうどんを作っている途中に、急に水の出が悪くなってきたなとおもっていたんです。

まさか、使っている最中に、水道が凍ることなんかあるのかな、と思いながら使い続けていると、結局水が出なくなったんです。

 

このときすでに、外にある水をためるためのタンクの中は、空っぽになっていたんですね。

そんなこととは知らず、なんで水がでなくなったのか、業者にすぐに電話をして、探ってもらいました。
結果、先ほど書いたとおり、地下から水のタンクに伸びる管が、凍っているのではないかという結論に達しました。

これは、あくまでも推測に域から出ません。

 

気温が上がって暖かくならないと、はっきりとした原因の究明はおあずけのようです。

店舗の営業もこのままでは再開できません。

それどころか、洗い物もできないので、食器とか、食べた後そのままです。

さらに、トイレの水も流れないので、これも困っています。

水道管が破裂してなければいいなと思いながら、気温が上がる日を待っています。

自然の力は、とてつもなく恐ろしいと感じた田舎の出来事のひとつとして、今年もまた、私の知識が増えてしまいました。

来年は、このこのようなことがないように、しっかりと凍結予防をしておかないといけませんね。

 

 

今後は、店舗で待つだけでなく、積極的に外に出て、物を売ってくるような仕事も視野に入れないといけません。

ここに、じっとしていては、お金を稼ぐことができません。

田舎なので、いろんな人から情報を得て、ほしいものを運んで、販売して行こうと思います。

またインターネットを使っての商品の発送なども考えないといけません。
こうなると田舎暮らしもなかなか大変です。

 

それも含めて、わくわく感をもっていこうと思います。

しかし、まずは、この凍結した水道管の修理と営業再開へ向けての作業をしなくてはなりません。

ハプニングの連続ですが、このわくわく感だけは、常に大切にして行こうと思います。

今日も温泉にゆっくりはいって、明日からの作戦をたてるとするか。わくわく。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。