がんに効く!? 長生き味噌汁 ~竹田にも味噌玉あります~

竹田にも、味噌玉なるものがあります。

 

味噌玉とは、お湯をすすぐだけで、そのまま味噌汁として食べることのできる、とても便利な味噌汁のことです。

以前、道の駅に勤めていたときに、商品として販売していました。今でも販売していると思います。

私も地元のおばあちゃんと一緒に味噌玉作りをやったことがあります。

手軽に使えるようにとだしを入れて小さく丸めた味噌玉、竹田に住んでいる双美おばあちゃんが作っています。

麹に使う麦を冬に植え付け初夏に収穫、それから味噌を仕込み始め、数ヶ月発酵させて、味噌はようやく食べられるのです。

この一つの味噌玉にどれだけの時間と手間がかかっているんでしょう。

そのままお湯を注げばお味噌汁に、おにぎりに塗って焼いたり、お鍋に入れてもおいしく食べられます。

味噌玉の中にはちょっぴりネギも混ぜ込んであって、おばあちゃんの気遣いを感じます。味噌のうま味と愛情が体に染みる元気玉です。

作り方は、すごく簡単。

自家製の麦麹と米麹で作る素朴で昔懐かしい味わいの味噌に、竹田産のねぎ、粉末状のかつお節、いりこを合わせ、一つ一つ丸めて作ります。

保存料や着色料などの添加物は一切使わず、原料はすべて地元産です。

味噌玉に熱々のお湯を注ぐと、塩分控えめでほんのりとした大豆の甘さを感じる、カンタン味噌汁のでき上がり。

暑い時期には、スライスしたきゅうりとトマト、氷と一緒に椀に入れ、水をたっぷりと注いで食する冷やし味噌汁がおすすめ。

大豆本来の甘さが際立ち、ほどよい塩気でさっぱりと味わえます。

現在、自宅用をはじめ、一人暮らしの方や単身赴任の方への贈り物としても人気だそうです。

 

元気!長生き味噌汁

そして今回味噌について、いろいろ調べていると、長生き味噌汁というものがあることを知りました。

田舎暮らしでは、味噌汁は、定番の食事です。自宅で味噌を作られている家庭もすごく多いし、道の駅などに出荷している加工場もあるんですよ。

しかし、最近人不足から、味噌を作ることが出来ない加工場も出てきました。

さて、その長生き味噌汁をご紹介します。

■材料

  • みじん切り玉ねぎ
  • りんご酢 大さじ2
  • 赤味噌 100g
  • 白味噌 100g

以上です。これで12人から13人分の味噌汁が出来上がります。

この材料を混ぜ合わせるだけ。

分けたものをラップなどに包んで味噌玉にし冷凍しておくだけで、いつでも好きなときにお湯に溶かして、健康長生き味噌汁を食べることができます。

by カエレバ

 

味噌はからだにすごくいいようです。

出来れば、毎日、毎朝、味噌汁を飲むと、からだも元気に長生きできそうです。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク