くじゅう花公園で日田焼きそばを花たちに囲まれていただきます。

今年は雨、風、台風そして地震といろいろな災害が日本列島を襲いますね。

4,5日前の話になりますが、仕事の関係で、水害にあった店舗へ店舗什器と冷蔵庫などの厨房機器を見に行ってきました。

田舎暮らしの話題から少し離れて、仕事のお話を。

 

いつもは店舗で接客とても調理などをやっておりますが、頼まれれば、厨房機器の手配などもしております。

少し店舗を離れて、外の空気を吸いたいなと思ったのと台風の後で、すごく天気が良かったので、ちょっとドライブもいいなと思い、店舗をお休みにし、出ていくことにしました。

厨房機器の入れ替えをしたいという、お客様がいらっしゃいましたので、まずは現場確認ということで、見に行くことにしました。

 

厨房機器を入れ替える理由は、なんと水害です。

入居しているスーパーに大雨の日に水が押し寄せてきたそうです。

別に川が氾濫したわけでもなく、単なる大雨で水害にあったということなのです。

 

現場まで車で2時間くらいかかるので、椎間板ヘルニアの薬を飲み、行ってきました。

現場は、すでにきれいに片づけてあったのですが、店舗の中は、その時のままでした。

もう、泥などは取り除かれていますが、多くの厨房機器が水につかってしまし、使用不能になっています。

1メートル以上も水につかったそうで、かなりの重さのある冷蔵庫や炊飯器など、ぷかぷかと浮いていたそうです。

使えそうなものと使用できないものを分別し、新たに必要となりそうな、機械類をチェックします。

さらに新しくする店舗に合わせて、厨房機器を提案していきます。

 

一通りの下調べと、意見の交換を終え、帰ることにします。

 

今日は、車に乗る時間が長かったので、くじゅうに戻ってきたときに、くじゅう花公園によって、きれいな花たちに癒されに行ってきました。

さらにおなかもすいたので、ここで一番おいしいといわれる「日田焼きそば」を食べることに。

「日田焼きそば」を知らない人に少し説明を加えると、大分県日田市が発祥の焼きそばなんです。

どういう条件のもと、日田焼きそばと呼べるのかどうか、くわしいことは、私には良くわかりませんが、とにかくおいしいので良しとしましょう。

早速、作ってもらいます。

鉄板で麺を炒めるのですが、少し焦げ目がつくくらいパリパリに焼きます。

そして豚バラ肉ともやし、ネギを入れます。

出来上がった日田焼きそばがこちらです。

麺のパリパリ感ともやしのシャキシャキ感が、最高にマッチしています。

ここのご主人曰く、「私がこれを食べて、すごくおいしいと思ったからこの商売を始めました」と言っていました。

それだけ、この日田焼きそばが好きなんですね。

 

美味しい物を食べて、明日も頑張ります。

by カエレバ

 



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。