くじゅ高原のキャンプ場と移動コーヒー店

私たちのお店から道路を隔てた向かい側にキャンプ場があります。

毎年、この時期は多くのキャンプをする人たちで、盛り上がっているのですが、今年は少し様子が違います。

なぜか、休前日だけしかお客様が入っていないんです。

いつも自分のお店から、キャンプ場を眺めているのですが、平日はほとんどテントが張っていません。

 

しかも時々、お客さまが私たちの店舗にやってきて、「キャンプ場は営業していないんですか?電話もするけど誰も出てくれなくて」とお問い合わせを頂きます。

 

そこでちょっとキャンプ場を見に行くことにしました。

そのキャンプ場のの駐車場には、ちょっとかわいいコーヒーやさんがあります。

毎週月曜日はお休みですが、それ以外の日には、雪が降ろうが、台風がこようが、必ず「出勤」してきます。

天気がいい日には、多くのバイクで来るお客さんでいっぱいになることも。

また、もうずっと昔からここでコーヒーを提供しているので、遠くから来る常連のお客様もいるようです。

 

いつも賑やかな小さなコーヒーショップです。

冬の大雪の日などは、ここからフェイスブックなどで情報発信もしていますよ。

コーヒーには、こだわりもあり、数種類のコーヒー豆を用意しています。

いつでも美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

営業時間は、10時~17時です。

草原の中でさわやかな風に吹かれながら飲むコーヒーもまた格別です。

 

その小さな移動コーヒー屋さんに、キャンプ場の現状を聞きに行ってきました。

 

まずは、アイスコーヒーを注文して、コーヒーを飲みながら世間話です。

今日はとても暑いので、少し濃い目のアイスコーヒーをいただくことにします。

 

コーヒーを飲みながら最近の久住高原の現状などの情報交換をしつつ、いよいよ本題へ。

 

キャンプ場、今やっているんですかね?と質問を投げかけます。

そうすると、管理人さんが病気か怪我で入院しているとのこと、そのためにやむ終えず閉店しているようです。

ただし、休前日などお客様が多く来る日には、急遽、別の人がヘルプで来ているようです。

 

いつ、その管理人の方が復帰するかは、まだわからないそうです。

これから稼ぎ時なのに、キャンプ場を閉店させておくことは、少しもったいないような気もします。

この地でキャンプ場を始めて20年以上になるそうで、久住高原の先駆者的な存在のキャンプ場です。

バンガローなどもかなり古くなってきましたね。

 

このキャンプ場がお休みすると、私たちのお店にも少なからず影響がありそうな感じです。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク