アラフィフ、夜の街へといってきました。



先月の終わりに中学校の先生の離任式がありました。

田舎暮らしにあこがれて、というより、久住高原のすばらしさに魅力を感じて移り住んで16年目になるが、年々生徒の数が減ってきているのは、事実である。

さて、離任式であるが、私にとって、久しぶりに街へ繰り出す日なのです。

正確に言うと、街にのみに行くことが久しぶりなのです。

以前は、仕事の関係で、飲みに行っていましたが、最近は、もっぱら地元の居酒屋なのです。

離任式は先生と生徒たちのお別れ式ですが、先生たちと親とのお別れ会は、夜にあるのです。

なぜ、地元の近くの居酒屋などで、行わないかといえば、ちょっとした理由があります。

その理由は、地元には、居酒屋が少ないということです。離任式は、どうしても日にちが重なるので、地元の中学校がいっせいに近くの居酒屋に集中してしまうからです。

といっても数軒の居酒屋を2つの中学校と、2つの小学校で、奪い合うのですが。

今回は、残念ながら地元の居酒屋は、満員で貸切でしたので、街のから揚げやさんに舞台を移すことになったのです。

親切にも、このから揚げやさん、近くまで、バスで迎えに来てくれるのです。なのでみんなまとまって、行きます。

私の問題なのですが、最近お昼ごはんもここのから揚げ定食を良く食べに行くんです。仕事の合間に。

そのせいかわかりませんが、おなかがどんどん出てきてます。から揚げがおいしくて、ついついご飯もどんどんおかわりしてしまうからいけないんでしょうね。(ここはご飯おかわり自由です)

そんないつもお世話になっているお店なので、今日は、昼も夜のから揚げか・・と思いつつ行ってきました。

食べては、いけない、いけないと思いつつも、ビールを飲みはじめると、ついついから揚げに手が・・・

今日もたくさんのから揚げをいただきました。そしておなかもどんどん成長しております。

今回20人くらいの先生のうち8人の先生が、離れていきます。

1年目で離れる先生もいれば、この中学校に8年間もいてくださった先生もいます。

8年もいてくれた先生には、私の子ども4人ともお世話になっています。担任になってくれた子もいますが、4人とも野球部でしたので、野球を通じてお世話になりました。

長くいてくれた先生とのお別れは、悲しいものです。

いろんな思い出話を話して、昔のことを思い出し、笑ってお別れしました。

私は、翌日仕事でしたので、またバスで送ってもらうことに。中には、2次会に行く父兄もいました。でもその場合、帰りの交通手段をしっかりと確保しておかなくては、とんでもないことになります。





田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。