アラフィフ、歩行者天国に出店する。

この週末、大分市内の駅前の大通りが歩行者天国になるということで、出店することにしました。

販売する商品は、久住高原の店舗で好評を頂いております、うどんでございます。

数にして200食用意します。

歩行者天国になる時間は、15時~19時ということなので、午前中にいろいろと準備をします。

朝6時に久住高原を出発し、麺やさんにうどん麺を取りにいき、近くの八百屋さんにねぎを取りに行きます。

ねぎは、すでにカットしているものを購入します。

次に、だしを作ります。だしは市販のものを使わせていただきました。タンクにだしを入れ準備します。

いよいよ搬入です。

ところが、お天気が・・・・・雨が降っています。冬の雨は、かなり冷えます。これやったらまだ雪のほうがいいやんと思いながら、搬入開始。

大通りが歩行者天国になる前に搬入しようと思うので、車ではなくリヤカーを借りての搬入です。雨の振る中リヤカーは、傘がさしにくくとても不便。

ほんとにこんな雨の中、お客さん来るんかなと疑問と不安のなか、作業をしていきます。

いよいよ始まりました。歩行者天国。

しかし、相変わらずの雨が降っています。

イベントもいつ始まったのかわかりません。

人の流れもほとんどありません。

周囲はだんだんと暗くなってきました。雨はだんだんと小降りになってきたものの、相変わらず人はいません。

これが街中か?と思うほど賑わっていません。

うどんの売れ行きも、ほとんどがイベント関係者の人か、知り合いの人ばかりで、一般のお客様は、ほとんどきません。

このような状況です

天気も悪いので、とても雰囲気が暗く思えます。

搬入のときに靴が濡れて、足先はかなり冷えてきます。

関係者の方もレインコートを着て、インカムつけて頑張っています。おそらく中止になったイベントもいくつかあったのでしょう。お疲れ様です。

イベントには、成功と失敗がつき物ですが、最近、これは大成功(出展者側からみた)というイベントが少なくなってきています。

今回のイベントもそうですが、誰が誰のためにやっているイベントなのか、いまいち良くわかりません。

補助金が出ているので、やっているだけで、イベントが目的ではなく、補助金を使うために、やっているというところもあるんじゃないでしょうか。

なので、お客様のほうも、少し盛り上がりにかけているように思います。

みなさんも町でも、同じようなイベントが数多く行われていると思います。もっと魅力あるイベントにしていかないと、主催者はもちろんお客様も盛り上がらないですね。