アラフィフ、街中をぶらつく。

仕事の関係で、竹田市内での仕事の途中、時間があったので、たまには、自分たちの市でもある竹田市の街中をぶらぶらしてみようと思いいってきました。

私の住んでいる竹田市は、市といっても人口20000人ちょっとの小さな市です。

街の中心街も、豊後竹田駅を中心に商店街があります。

昔は、かなり賑わっていたような話を聞きます。今は、その面影もありません。平日の昼間、多くの商店はシャッターが下りていたり、空き家の店舗も多数あります。

観光地とまではいきませんが、街中にも見物するところがいくつかあります。

今は、ちょうどひな祭りの季節ですので、商店街の各お店は、店先に雛人形を飾って観光客の目を楽しませてくれます。

お昼時になったので、昼食も、どこかで食べようと思い、食べるところを探しますが、街中には、ほとんど食事をするところがありません。みんな国道沿いのファミリーレストランなどに、お客様は流れているようです。

食事どころを探すために、あちこち歩いていると、ちょうどいい感じのお店を発見しました。

ここ、ひらた食堂です。

とても昭和の雰囲気が漂います。

中はこんな感じです。

逆光で少し見にくいですがやっぱり昭和です。

ここでは、カウンターに座り、ご主人とその奥さんとの会話を楽しむことにします。

お話は、ほとんどが、奥様のほうが、お話してくれました。

早速、料理を注文します。

いつも肉ばかり食べているので、今日は野菜炒め定食を注文することに。

料理を持っている間、オリンピックの話でいろいろと盛り上がりました。、特にフィギュアスケートのことでは、大いに盛り上がりましたね。

そこに野菜炒め定食がやってきて、頂きます。

これも普通に昭和の野菜炒めで、懐かしささえ感じます。

ここでも、以前は、お客様も多くいらして、お店の前のとおりもかなり賑やかであったと奥様は語られます。

また昔は、商店街のお祭りが多く、お祭りのたびに、多くの観光客や、地域の方々がこの商店街に来ていたとのこと。

その時は、お店をしながら、祭りの準備をし、そしてまた祭りにといった感じで、とても忙しかったけど、すごく活気があり充実した毎日であったと思い出を語ってくれました。

お店の中には、その頃に撮られた活気ある写真が、所狭しと貼られています。

ここに食事にこられるお客様に、ひとつひとつ丁寧に、その頃の写真とともに、お話をしてくれます。

帰り際に、今度は、このお店の名物のちゃんぽんを食べに来てねとありがたいお言葉を頂、私もお店を後にしました。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。