クロスカントリーコースも賑わっています ~合宿の時期ですね~

私の働いている店舗の周囲には、草原の中を走ることの出来る、「芝生の日本一のクロスカントリー練習コース」があります。

 

春にはわらびがたくさん出る場所です。ただ、すこし土地が痩せているせいか、細いわらびを採ることができます。

 

このわらび、今でもどんどん出てきています。

春になってから、わらびは採るものと思っているでしょうが、夏になってもわりと長いあいだ採る事ができます。

そんなクロスカントリーの練習コースなんですが、いよいよいろんな高校や大学、社会人たちがたくさんやってくる季節になりました。

いったいどこにそんな人数泊まることが出来るの、宿泊施設はどこにあるのというくらいたくさんのランナーがやってきます。

 

どうしてここに多くのランナーがやってくるのかというと、いくつか理由があります。

ここ、久住高原は、標高も高く、気温もそれほど上がらないので、走るには最適な場所なのです。

でも、昼間は、やっぱり暑いので、合宿している方々の練習は、朝晩が中心になります。

お昼の暑い時期には、一般のランナーたちが、汗を拭きながら走っています。

気温も30度くらいまで上がります。

 

しかし朝は、気温も10度くらいになり、かなり走りやすい気温です。

その中を私も通勤してくるのですが、クロスカントリーコースだけでなく、ロードにもたくさんの選手が走っています。

この時期、あちこちでランナーを見かけることが出来ます。

クロスカントリーコース内も、多くのランナーでいっぱいになります。

時たま、テラスから練習を眺めるのですが、みんな一生懸命に頑張っています。先生たちも大きな声でタイムを選手に伝え、ゲキを飛ばします。

みんな青春していますね~

 

練習している数チームは、私の近所のほていの湯(温泉)に午後の練習が終わってから、入浴に来ます。

 

練習の後の温泉は、体にとっても最高にいいんじゃないでしょうか。

このクロスカントリーコースで練習した人、ほていの湯で温泉に入った人の中から、オリンピック選手なんかがどんどん輩出されたらうれしいですね。

 

久住高原も有名になるし、より多くの人たちに注目されるようにもなるでしょう。

 

もっともっと、多くのランナーにこのクロスカントリーコースを使って練習してもらいたいと思います。

雨が降ると走れなくなるので、合宿中は出来るだけお天気の日が続けばいいですね。

そして、高原のさわやかな風を感じてもらいたいと思っています。

 

走ることが趣味の方、是非久住高原へ、走りに来てください。

これからすごくいい季節です。

 

お待ちしております。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク