ジビエがいまいち流行しない理由を教えましょう。

ジビエ料理って何?

ジビエとは、「狩猟で獲った天然の野生鳥獣の食肉」という意味です。

それを使って料理したものがジビエ料理ということになります。

いのしし、しかなどが、この辺では有名です。

 

いのしし肉をまたもらってきました!!

なんてことが田舎にいるとしょっちゅうあります。

次の日には、今度は鹿肉をもらってきた!なんてこともあります。

どうしてこんなにみんな、お肉を分けてくれるんでしょうか。

 

販売するルートがないということ

いのししを狩猟でとってきてさばいても、その肉を販売するルートがないんです。

正規のルートで販売しようとすると、許可を得た食肉処理場で加工したものでないと、販売できないんです。

田舎の人は、とってきた獲物を庭先などで、自分で解体してしまいます。こうするともう販売できないんです。

なので、人にあげることになります。

しかも、欲しいときに分けてくださいというと、結構高い値段を言われます。

道の駅などで、きちんと販売されているいのしし肉も結構なお値段がします。

しかも、欲しいときになかったりします。

そりゃそうですよね。狩猟に行って確保できればいいですが、家畜ではないので、いつでもあるとは限りません。

 

味がいまいち

以前、道の駅で、「しし鍋無料配布」などのイベントをしていましたが、そのときは、しっかりと下処理をし、出来るだけいのししの臭みがないように調理をしたので、都会から観光でやってくる、お客様は、興味半分でしし鍋を食べてくれるのですが、おいしい、おいしいといって食べてくれます。

ほんとに美味しいのか疑問なのですが、どうしても獣匂が好きになれません。

というのも、このしし鍋を調理する際、下ゆでををするのですが、そのときの匂いがあまりにも強烈で、それから私もしし肉を食べることができなくなりました。

そのときの匂いが、いのしし肉を食べるときわずかでもすると、すごくイヤなんです。

この独特のにおいが、ジビエ料理が流行らない理由のひとつでもあると思います。

これだと、牛や豚を食べていたほうがいいですよね。

好んで、匂いのきつい、いのししを食べなくてもという話になります。

 

衛生面も心配という話もありますが、これは、野生の肉なので、寄生虫なんかもいるかもしれません。

必ず熱して食べるようにしたほうがいいと思います。

鹿の肉とは、生のまま鹿刺しでたべることもあるのですが、あまり食べると良くないかも。

 

田舎でも、狩をするひとが減ってきているのも事実です。多くのいのししが田んぼの中で暴れまわっています。

いのししの数はふえるわ、狩をする人はへるわ、肉はおいしくないわで3拍子揃っていますね。

 

自治体が、いくら駆除を奨励してもなかなか数は減りません。

せめて、お肉がおいしければいいのですが。

私も、近所の居酒屋とかで、ジビエ料理を勧められても食べないですね。

一度、あの匂いのトラウマに出会ったら、もう二度と、ジビエは食べたくなくなります。

 

これがジビエ料理がいまいち伸び悩んでいる現状です。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 

by カエレバ