三椏って知っていますか?

はじめて見ました「三椏」

三椏(みつまた)と呼びます。

三椏の木なんですけど家の近所にあったんです。

これです。

はじめて見ました三椏の木。

なんとお札の原料となる木らしいです。

春を告げる花でもあるみたいです。

昔は、日本各地で生産されていたようですが、今では過疎化もすすみ、お札用の三椏の木はほとんどが輸入されているようです。

これからいろんな花が咲くので凄く楽しみですね。

久住高原も野焼きの時期に突入しているのですが、雨が降ったり、あまりにも風が強かったりで、なかなか野が焼けないようです。

今年も何箇所か焼かないところが出てきそうですね。

見た目も悪いし、害虫もたくさんでそうだし。

今年の野焼きの特徴として、野生動物が、ほんとに増えています。

いのししや、鹿などがちらほら見ることができます。

今ままでは、こんなに多く見ることはなかったのですが。

いのししなどは、急に現れてこちらに向かってくる(猪突猛進)してくるので、とても危険です。気をつけて野焼きをやらねば。

 

山の上は、まだ少し雪が残っていますが、春一番のような強い風が吹き、いよいよ春を感じることができます。

特に最近PM2.5が飛来し、空気がかすみがちです。おまけに花粉も飛んでいるようです。

花粉症の人たちには、たまらない季節でしょうが、私個人の感想としては、街中にいた時のほうが、花粉症がひどかったような気がします。目のかゆみや鼻水とかたまらなく辛かった思い出があります。

今森に囲まれ自然の中で暮らしているほうが、花粉症の症状が軽くなった気がします。

あくまでも気持ちの問題ですが。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク