久住高原にて、九州アルプス駅伝大会が開催されました。

2018年8月31日

久住高原には、走るための立派な施設があります。しかも無料で利用できるのです。

日本一の芝生のクロスカントリー練習コースです。

詳しい記事はこちら

その日本一の芝生のクロスカントリーコースを使って駅伝レースが開催されます。

それが、九州アルプス駅伝なのです。

 

九州アルプス駅伝ってすごい名前でしょう。

竹田市は、十数年前に合併して現在の竹田市になりました。

それまでは、旧竹田市と直入郡と呼ばれる3町が、合併して今の竹田市になったのです。

旧竹田市には、商工会議所があり、旧直入郡にもそれぞれの町に商工会があったのですが、それがまとまり九州アルプス商工会になりました。

その九州アルプス商工会が主催する駅伝が、九州アルプス駅伝なのです。

 

この駅伝小学生高学年と中学生の大会です。

小学生の部は5区で全長7.7㎞、中学生女子は5区間10㎞、男子中学生は6区間18㎞です。

 

8月のお盆を過ぎたこの時期の久住高原は、朝晩は寒いくらいで、ランナーには走りやすい気候だと思います。

そんな中、大分県内はもちろん、九州各県から小中学生ランナーがやってきます。それに合わせて父兄も続々とやってきます。

そんなこんなで多くの人で盛り上がります。

前日から泊まり込みで来るチームもあります。

また、この日のために試走に来ているチームもあります。

この大会、中学生にとっては、秋の中学駅伝大会の前哨戦でもあり、県外の相手とも戦えるいい機会のようです。

どのチームものぼりを立てて応援も本格的です。

 

おかげで、私の店舗にも昼食を食べに来てくれるチームもあります。

その食事をしてくれるチームは、北九州の八幡西区本城というところからきているチームなのです。なんと私の実家の近くでは、ないですか!!

こちらも応援はもちろん、いろいろとサービスをしたくなる気持ちでいっぱいです。

成績もなかなか良かったようです、来年もぜひ、この大会に来て、うちでお昼ご飯を食べてくださいとお願いして別れました。

ひょっとしたら、この秋にもまた来てくれるかもしれません。

 

さらに大分県の豊後高田市から高田中学校も参加していたのですが、そこの陸上の先生がなんと、私の子供たちの通う中学校の先輩であるといういことがわかりました。

たまたま食事に来てくれた先生に、話しかけると、「実は私の実家がこの近くで・・・・」というのです。

詳しく聞くと、なんと家も近所じゃないですか。そして年齢を聞くと、うちの息子と五つ違いなのです。ということは、小学校では、一緒の時間を過ごしていたようです。

本当に話してみないとわからないことってたくさんありますね。話して得る情報の多さに驚きました。

今日は、そんないい人達との出会いが多い1日で、とてもわくわくできた日でした。

来年とは言わず、この秋にでもお会いしたい人たちばかりです。

高原のすばらしさはこちら

そのためにも、ここ久住高原で働いておかなければなりませんね。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。