久住高原もとうもろこしの季節になってきました ~甘くておいしいとうもろこし 販売編~

とうもろこしの販売を始めます

とうもろこしの販売は、そのまま、販売するものと、ゆでて販売するものと2種類で販売します。

そのまま販売するのもは、5本セットで販売をします。

5本をネットに入れて、店舗の出入り口に並べておいておきます。

 

試食も大事です。

お食事にこられたお客様に、生のとうもろこしを試食してもらうことが大事なのです。

試食をされたお客様は、まず、美味しくないという方は、いらっしゃいません。

それより、生のとうもろこしが食べることができることに驚きます。

そしてさらに、そのとうもろこしの甘さに驚きます。

 

ゆでたとうもろこしは、さらに美味しい

生を食べた後に、ゆでたとうもろこしを食べると、さらに甘く、また色も黄色が濃く出ているため、おいしさも倍増します。

とうもろこしをゆでるために、ゆでる機械と蒸篭(蒸篭)も用意しました!!

暑いのですが、蒸気をあげて、蒸すとお客様へのアピールにもなります。

さらにお店全体の活気へとつながります。

 

さらに植木鉢にとうもろこしを植えてそのまままってきました。

植えている状態で、柱に結び付けて、とうもろこしが実際に成っているところをお客様にもお見せするのです。

遠くからとうもろこし畑を見たことあるお客様は、多いのですが、間近に見たことのが初めてのお客様は、喜んでくれます。

 

とうもろこしの販売は、午後から夕方にかけてが良く売れます。

土曜日は、そうでもなかったのですが、日曜日の午後から夕方にかけて、良く売れました。

理由は簡単で、土曜日は、遊びに来てそのまま宿泊する人が多く、今日は、家に帰らないので、明日買いますという方が、すごく多いからです。

逆に、日曜日は(月曜日も休みなのですが)、午後から家に帰る方も多く、お土産に買って帰る方が、多かったです。

特に夕方になればなるほど、とうもろこし目当てで、買いに来る方がほとんどでした。

 

中には、午前中にここでとうもろこしを買った友人から、「あそこのとうもろこしは美味しいぞ」といわれ、わざわざ午後からここまで買いに来てくれたお客様もいらっしゃいました。

 

今後も継続して、とうもろこしを販売していきたいと思います

少しとうもろこしで、手ごたえを感じたので、平日は、無理かもしれないですが、土曜日、日曜日は、8月末くらいまでは、継続してとうもろこしの販売を考えています。

 

ただ、畑まで、取りに行く時間がとれるかどうかというのが、問題であるのと、週末に雨が降ると、お客様の数もグーンと減ってしまうので、その場合の対策も必要ですね。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。