人不足の対策と人材不足の対策

2018年5月28日



人不足と人材不足

ゴールデンウィークを前に、私たちのお店もようやく開店できる目処が立ちました。

開店はできるのですが、人が足りないのです。

当然ハローワークにもいって求人登録もしました。

 

しかしそこで言われたことは、求人数は今、とても多く逆に求職者は少ないそうです。

また業種で言えば、飲食や接客業は特に求職者は、すくないとのこと。

私たちのお店も、そんなに大きくなく、恵まれた労働条件ではないので、その中でどれくらいの求人があるのか全くわかりません。

場所も、車がないと通えるところではありません。電車、自転車、徒歩などでは、とても通勤できるところではありません。

ただ、まわりの景色だけは最高なんですが・・・・

 

何とか、人集めの対策をしないといけません。

 

早速、観光協会の事務所や、地域おこし協力隊などに、お願いに行きました。

求人のチラシを持って、一軒一軒、お願いに行きます。

 

そこでまさかの返り討ちにあいました。

逆に、人がいたら紹介してくださいとのこと。

 

これでは、求人に行ったのか、求人をお願いされたのかわかりません。

 

どこの事業所も同じような悩みなのですね。

 

どこに求人にいったらいいのかわかりません。

 

昨今、人不足で、多くの企業が倒産しているという話を聞きます。同様に跡継ぎはいない社長さんが、会社の経営に困って、大手の企業にその会社を売ってしまうということもあるようですね。

 

どれだけ人がいないんだか。

これからもっともっとこの問題は、続くでしょう。

そしてもうひとつの問題が、人材の問題です。

 

働ける人なら誰でも言いというわけではありません。

 

やっぱり、会社に対して、同じコンセプトと意識を持った人を雇い入れたいと思うのは、こちらの都合でしょうが、あまりにかけ離れた人は、ご遠慮いただくことになります。

ある程度、実務ができて、志を持ていないと、こちらもお金を支払うわけですから、しっかりとしてもらいと思います。

しかし、なかなかそういう人材に出会わないのも事実です。

とくに、こういう田舎では、いい人材は、どんどん都会へ流れ、条件のいい企業へと変わっていきます。

できることなら、うちもいい条件で、高い給料でいい人材を雇い入れたいと思いますが、まだまだ体力がありません。

応募に来た人を、いかに教育して、いい人材に育てていくかが、鍵になりそうです。

 

少し時間はかかるかもしれませんが、それが一番の近道のような気がします。

経験豊富な人がいいのか、学校を卒業したばかりの若い子がいいのか、これもどっちがいいとはいえませんね。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。