仕事について少しお話します。

2018年5月28日

昨年末まで運営していた店舗は、いまだ凍結した水道管が破裂したままで復旧の目処がたっていません。入っていた建物の保険で何とかならないものか、見積もりなどをあげて調査中です。

で、今何をしているかというと、もともとここでパンやをしたかったのですが、電気の容量が足らないということで、断念せざる終えない状況です。ならば、原料の粉を販売しようということで、市内の粉を使うところをセールスに回っています。

まず、粉とは、なんぞやと思うでしょう。

粉とは、パン屋が使う粉全般。つまり小麦粉やコーンスターチ(片栗粉)、小豆などです。

そんなにパン屋があるのかというと、そういうわけではありません。

田舎には、いまだ手作りで作っている炭酸まんじゅうや酒まんじゅうがたくさんあります。

それを作っている加工場がまだまだ多くあるのです。そのまんじゅうは、道の駅などで販売されています。

すべて手作りなので、そんなに数は、多くないとお思いでしょうが、それが結構の数作るようです。

そういった加工場に、パンで作る同じような材料を販売しようと思っています。

既存の店舗に飛び込みで行くわけですから、そんなに簡単に契約できるわけではありませんが、こちらができること(価格面も含めて)を精一杯伝えて行こうとおもっています。

毎日、いろんな人と出会えるのはいいですね。

同時に、このお店が再開したときのことを考えて、いろいろと機材をそろえたりメニューを考えたり。ここで加工も始めようと思っています。しかもそれをネットで販売したいとも考えています。

いま、ネット販売できるためのホームページも作成中です。

そうなると、人も足りないので、人の確保も必要になってきます。そのための告知もしなくてはなりません。

ハローワークでは、こちらが望むような人材が来てくれた試しはなく、あまり期待できません。

やはり自分の知り合いとか、人の紹介で採用したほうが、確実です。でもいい人材といわれる方は、すでにどこかで働いています。なかなか確保するのは難しいですね。

もうここまできたら立ち止まることはできないので、突き進むだけです。

サラリーマンの時代と違い、時間は自由に使えますが、やることが多すぎて、そこを上手く調整していかないと、何も進んでいきません。

まさか、サラリーマンをやめて、自ら仕事を探して作っていくような環境におかれるとは、思ってもみませんでした。

その分わくわく感も半端なくあり、充実した毎日を億手います。

薪割りや、薪ストーブの設置などもとても楽しい作業でしたよ。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク