ここにしかない?卵の自動販売機

2018年9月14日

卵の自動販売機を見たことがありますか?

ここ久住高原には、卵の自動販売機があります。

人知れず、ひっそりと佇んでいるのですが、これが意外と人気なんです。

ここで卵を買うと、他では買えないと言ううわさまであります。

スーパーまで遠いということもあるでしょうが、ここで卵を買うことが出来れば、とても便利です。

しかも24時間営業ですから。

 

どうして人気があるのかというと、ここの卵の業者は、グリーンコープという生協にも卵を出しているようなんです。

そこで、品質もちゃんとしているでしょうし、なんたって、この卵の自動販売機は、冷蔵庫にもなっていて、温度管理もちゃんとされているんです。

 

毎朝、この卵自動販売機の前をとおってくるのですが、車が停車していることが多く、地元の人だけでなく、県外ナンバーの車も良く停まっています。

先日も、隣の熊本県からこられた方で、おばあちゃんが、ここの卵大好きでね~といって、自動販売機の卵を全て買っていかれました。

いいのか悪いのか、その後自動販売機は、売り切れになっておりました。

それくらい人気のある卵なんですよ。

 

田舎ならではの自動販売機です。

 

 

自動販売機で、こんなに卵が売れるなんて。

 

値段も相場に左右されること無く、いつでも一緒だから安心ですね。

価格は、いくらか忘れましたが、そんなに高くはないです。

(おそらく20個で500円前後だったと思います。)

 

野菜の無人販売店は良く見かけますが、卵の自販機は珍しいですね。

 

業務用の温泉卵を知っていますか?

卵といえば、業務用に温泉卵を売っているのをご存知でした?

普通の10個入りの卵のパックにスーパーで並んでいるように白い卵が、並んでいるんです。

 

その卵を割ると、中から温泉卵が出てくるんです。

便利な食材なんです。

鍋焼きうどんなどに入れると、見た目も固まり具合もばっちりなんです。

この写真が温泉卵なんですが、見た目は、普通の卵となんら代わりありません。

いろいろな料理に使えそうです。

いつも安定して、温泉卵が使えるなんてすばらしい!

 

 

世の中何でもあるなあと思った瞬間でした。

卵ひとつをとっても、いろんな売り方や商品がありますね。

 

数年前までは、卵拾い牧場もありました

ここ久住高原には、数年前には、卵拾い牧場もありました。

放し飼いの鶏が走り回る草原の中を、卵を探して拾って、持って変えることが出来るのです。

鶏小屋の中には、あちこちに卵が、産み落とされていて、鶏に少し申し訳ない気持ちで、卵を持ち帰ったことを覚えています。

この牧場も鳥インフルエンザの影響で、閉園してしまいました。

 

ここに連れて来た方々はみんな喜んでくれていたので残念です。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。

by カエレバ