夏は昼がなが~い だから時間がたくさんあるように思える そしてバーべキューをする

九州だからかもしれませんが、日が暮れるのが遅いのです。

毎年のことなんですが、九州の夏の1日は、凄く長いです。

19時になってもまだまだ明るく、子どもたちは、外でキャッチボールをしています。

暗くなるのは、20時前くらいなんです。

その代わり、朝はなかなか明るくならないと思います。

 

北海道にお住まいの方は、いったいどういう感じなのか、いつも興味しんしんです。

きっと朝は、早い時間から明るくなるのでしょうね。

早起きして、早めに職場に行き、早めに仕事を始めることもできるでしょう。

 

九州では、暗くなってそろそろ帰ろうかなと思うと、「えっ、もう21時」

なんてこともあります。

 

さっきまで、あんなに明るかったのに、なんでもう21時なんでしょう。

 

なんか得したような損したような気分になります。

 

自宅でバーベキューなどを始めるときに、陽の長さを感じてしまうのです。

冬ならば17時ごろからバーベキューなんて考えられませんが、夏では17時といえばまだまだお昼です。

 

それから火をおこして、食材を準備して、さあ食べ始めましょうという時間になっても、まだまだ明るいのです。

バーベキューは明るいうちに肉を焼いておかないと、焼けているのか、焼けていないかの確認が難しいので、陽が上っているうちに焼肉に関しては、焼いておきます。

 

20時頃になり、暗くなり始めたら、今度は、焼きおにぎりなどの、焼けても焼けなくても食べることができるような食材へと、シフトしていきます。

 

さらに、照明も用意します。

我が家には、実家からもらったバーベキューセットや、私が趣味で買ってきた、七輪やら、キャンプ用のイスやテーブル、照明まで、夜のバーベキューにも困らないような設備が一式そろっています。

こういう装備は、どんどんたまっていくんですよね。

幸い、田舎なので、晩御飯は、早く学校から帰ってきた子どもたちが炭を起こしておき、私たち大人が、食材を買って帰るというパターンで、バーベキュー大会をします。

 

夜になって、みんなでバーベキューを囲みながらの家族ミーティングも恒例です。

標高が高いということもあり、涼しく蚊もほとんどいません。

 

そのために涼しくなった庭で、ついつい長話をしてしまいます。

洗い物の食器も、使い捨てのものばかりを使います。これもバーベキューを頻繁にやっているので、知恵がついてきました。

おかげで普段の食事よりも後片付けもすぐに終わります。

ヒグラシの鳴き声を聞きながらのバーベキューは最高ですよ。

 

でも残念なことに、子どもたちも大きくなり、最近帰りがみんな遅くなってきています。

そうなるとバーベキューの回数もどんどん減ってきています。

 

少ない人数でバーベキューをしても楽しくないですね





田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。