田舎では出世はできない!!

田舎暮らし

田舎で暮らしていると田舎ならではの闇があります。

以前仕事仲間であった、道の駅の店長が、とうとう道の駅を辞めることになりました。

そういう私も以前は、道の駅で働いていたので、その事情はほかの人よりもよくわかっているつもりです。

なぜ彼は、辞めることになったのでしょう。

まずは、道の駅という特殊な職場事情があります。

 

私の場合も、彼の場合も、働いている道の駅は、半官半民いわゆる第三セクター(最近めっきり聞かなくなった言葉です)なんです。

第三セクターでは、トップが首長(市長)だったり、天下りの方だったりします。

そんな中、現場で働く「店長」と呼ばれる従業員は、30代から40代の若者です。

希望に満ちた若者です。

 

彼らは、地域の農家さんとのパイプ役やデパートや他の道の駅とのパイプを持ちアグレッシブに働きます。

彼らのようなアグレッシブに働く人たちによって、道の駅は存続しているといっても過言ではありません。

一方その上司が問題なのです。

首長だったり天下りだったりして、いい給料をもらいつつ、部下のことなんか少しも思ってくれません。

売り上げが伸びても、自分が中心です。

道の駅の売り上げが伸びたことを、いかにも自分の手柄のように言い、現場で頑張っているものに対しては、ほとんど感謝がありません。

 

いかに売り上げが伸びたか、売り上げが過去最高になったのかアピールの仕方は教えてくれます。

口では、人材が一番大事と言いながら、結局は自分自身が一番大事なのです。

 

天下りで来た人は、自治体のトップに対して恩があるのでしょう。口利きをしてもらったのでしょう。逆らえないのでしょう。

部下を育てるとかいう意識は全くありません。

 

部下は、使い捨てです。

 

自分の地位を守ることで精一杯です。

 

これでは、とても会社として発展するはずもありません。

 

頑張っている現場の「店長」は、辞めるしか道はありません。

 

いつまでたっても、上司が変わらないどころか、美味しいポジションにいるので、どうしようもないのです。

 

私も道の駅で働いていたのでよくわかります。

行政が絡んでいるおかげで、売れもしない商品を売らされたり、しなくてよい仕事を押し付けられたり、従業員の給料を上げようにも「理事会」とかいう訳の分からない会議に議題を提出し、市役所の職員よりも給料が上がろうものなら即却下です。

 

これでは何のために頑張っているのかさっぱりわかりません。

 

そうやって、有望な人材は、どんどんと現場を去り、首長や役所から恩恵を受けている老害だけが残っていく訳です。

せめて、その老害と言われる天下りの人が、自分の部下を育て、引退する覚悟があるならばまだ救われるのですが。

 

とはいっても、役所を退職した人が、市長などの配慮により次々に天下ってきます。

 

これでは、田舎は発展しません。

 

行政と絡むとあまりろくなことはありませんね。

 

田舎では、こんなことが日常茶飯事です。

 

結局、市長などと仲良くしておくことが大事なのです。

 

市長と同級生とか、地元が一緒とか。

若者やよそ者や力のないものは、辛い目に合うだけです。

 

道の駅を離れる店長もそんな気持ちなんだろうなと思い、私の思いを伝えてみました。

※興味がある方だけに化粧品、コスメ、サプリなど
初回限定980円以下の商品を集めてみました。
※興味がある方だけにダイエットに関するサプリや関連商品
【WEB限定】ダイエットには、食事、運動、筋トレ、そしてサプリメント『スマート商店』
【DAZN】スポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました