田舎では山菜採りの季節になりました。

久住高原にも春がやってきました。

久住高原にもいよいよ春がやってきました。

夕方、仕事の終わりに、少し草原を歩いてみることにしました。

 

1週間前までは、雪が降っていたんですよ!!

信じられません。

ぽかぽか陽気で、散歩をする人もいます。

休みの日には、高校生が、ここでランニングをします。駅伝で有名な高校もここの芝生のマラソン練習コースを走っているんです。

鳥の鳴き声が聞こえてきます。

暖かくなると、急に鳥たちのさえずりが増えます。

そろそろ、燕もやってくる頃です。燕は建物のあちらこちらに巣を作るので困ります。

お店に来たお客様の邪魔にならなければいいのですが、衛生的に悪い場合は、やむなく、巣が作れないような対策をしなければなりません。これは、去年も同様でした。

マラソンコースを歩いていると、いろんな春の植物に出会いました。

まずは、こちら春りんどうです。

太陽が当たると花を開き、朝、夕には閉じてしまいます。また、天気が悪い日にも花びらを開いてくれません。

この春りんどうが一面咲いています。

その隣には、わらびが出始めています。

まだまだ、数が少なく、これからどんどん出てきます。ゴールデンウィークには、わらび狩りができるほどたくさん出てきます。山菜の宝庫です。

野焼きをした後の、少しくぼんだところには、つくしが生えています。

つくしは、もう時期が過ぎているのですが、ここは日当たりが悪いせいか、今、最盛期ですね。

つくしが終わって、わらびが出始めます。

同時にぜんまいや、タラの芽なども同時にでてきます。

少し場所を移せばうどもありました!!

この時期一斉に山菜が出てくるんですよ。

散歩も楽しくなります。

道の駅などでもたくさんの山菜が販売されています。それらは、地元のおばあちゃんたちが、朝早く山菜採りをして、それをきれいにそろえて、パックに入れて、道の駅で販売しているのです。

この山菜が、安いんです。

わらび一束100円とか・・・

確かに田舎では、たくさん、どこにでも生えているので、この値段でしょうが、今しか食べられないと思えば、もっと高くてもいいのにと思ってしまいます。それにおばあちゃんたちの労働力もそこには、含まれているのですから。

そんなことを考えながら、マラソンコースをぐるっと一周してきました。

ちょっと暖かくなってきたせいか、少し汗ばんできます。もう1週間前のような雪が降ることは無いと思いますが、このまま暖かくなって欲しいと思っています。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。