田舎の中学校野球部 合同チームで参戦 頑張れ弱小チーム!

野球部、秋の新人戦に参加

今年も中学校、秋の野球部新人戦の季節がやってきました。

問題児末っ子四男が中学校の野球部に入っているために、平日にもかかわらず仕事を休んで応援に駆け付けます。

今年のチームは、四男が通う中学校だけでは、人数がそろわず、隣のチームとの合同チームとなります。

今、田舎では、合同チームは珍しくなく、毎年いろんな中学校の組み合わせで、チームができます。

 

チームの練習は合同ではない

平日の練習は、各中学校で、練習をするのですが、土曜日や日曜日にひと月に何回か合同練習をします。また試合にも行きます。

人数が少ない学校にとっては、こういった合同練習の場は、多くの人と接するいい機会なのです。

ひとつの学校では、全校を合わせても20名くらいなために、部活で他校の生徒とコミュニケーションをとることは、すごく大事なのです。

 

試合はどうなったのでしょう

早速第一試合です。時折、雨も降っていますが、それほど気にすることはありません。

相手は、単独の中学校です。しかしその中学校も試合に出場できる、ぎりぎりの人数しかいません。

どうしても下位打線には、学年が下の子や、野球未経験者が並びます。

それでもこの試合は、エラーも少なく、意外と締まった試合になりました。

結果3-2で合同チームは勝利です。

先生たちの日ごろの指導にも感謝です。

一回戦を勝てば、次は決勝です。

 

この大会には4チームしか出ていません

中学校数は竹田市内に6校あるのですが、そのうち合同チームが2校あるので計4校となります。

したがって、一回戦を勝てば、次は決勝になるわけです。

 

決勝は合同チーム同士の戦いになりました。

選手も父兄もおうえんに来ています。

選手たちは、決勝に進出したことで、すこし浮かれ気味です。

 

一回戦同様、二回戦も締まったいい試合です、エラーやフォアボールも少なく、本当に実力同士がぶつかり合ったいい試合です。

先取点を取られ、一時はどうなることかと思いましたが、それに追いつきましたが、さあこれからというときに失点してしまい、残念ながら負けてしましました。

それでも準優勝ということで賞状をもらっていました。

 

来年の春まではこのチームで頑張ります。

来年の春まで、今の合同チームで頑張ります。

そして、春になり、新入生が入ってくれば、ぎりぎり9人そろうので、単独で出場できます。

その時は、いま同じチームで頑張っているチームメートとは、敵味方になって、それぞれの中学校を代表して戦わなくてはなりません。

そんな田舎の中学校の野球部ですが、子供たちは、今日も元気に頑張っています。




成長期のお子様をのび~るサポート!マックスノビール!



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。