田舎の人はおせっかいだが、親切です 温泉掃除の日を少し減らしてもらいました

毎週、温泉掃除に通っているアラフィフの星です。

温泉掃除に行くと、椎間板ヘルニアで足が痛い私に対して、腰や足をもんでくれる、温泉のおばあちゃんには、いつも感謝です。

温泉で人のやさしさを知る(前回ブログはこちら

今日は、温泉のおばあちゃんだけでなく、いつも一緒の時間に温泉に入るおじちゃんのお話です。

 

これもきっかけは、私が、温泉で体を伸ばしているときに、ちょうど、椎間板ヘルニアの話になりました。

まさに私が今、椎間板ヘルニアを患っていることを、話すと、どうやら、そのおじちゃんも、腰を悪くした時期があって、腰痛体操で治したそうです。

 

少し、その腰痛体操の話を聞こうと、お湯の中を移動します。

そして近くに行き、現在の私の症状などを、話し、聞いてもらいます。

 

すると、温泉の大浴場の湯舟の中で、体操を、し始めました。そして、わたしも一緒に湯舟の中で体操を始めます。

ほかに誰もいなかったので、思いっきり体操を教えてもらうことができました。

お湯の中だと負荷がかかり結構、体に負担が来ます。

この体操は、痛みがとれてからするものだと、この時感じました。

まぁ、しかし体操を断るわけにもいかず、そのまま続けていました。

 

温泉から上がり、いつものように大広間で、少し休憩して帰ります。

温泉で体操しすぎたせいか、少し足が痛みます。

5分ほど休憩したところで、足の痛みも少し引いてきたので、そろそろ帰るとします。

 

入り口で、靴を履きかけた時、いつものおばあちゃんが、「あんた、今日は揉まんでいいんな」と声をかけてくれました。

ここは、やっぱり、揉んでほしかったので、急いで、履きかけた靴を脱ぎ、再び大広間へ。

 

そして、いざ、腰と足を揉んでもらおうとした時に、先ほど、腰痛体操を湯舟で教えていただいたおじちゃんが、男風呂から出てきました。

すると、こちらへきて、私の横に寝転がり、先ほど湯舟の中でやった腰痛体操を本格的に指導し始めました。

ここまでしませんけど・・・・

先ほどの、湯舟の中の腰痛体操で、少し足に痛みを感じてそれがちょうど治まったところだったのですが・・・・

そして、また湯舟の中でやった体操を、今度は大広間で、しっかりと指導していただきました。

1日に湯舟の中と大広間で2回も、腰痛体操をするとは、思ってもみませんでした。

多少痛みが戻ってきましたが、やっぱりおじちゃんの親切に断ることもできず、最後まで体操を完走いたしました。

 

その後、おばあちゃんのいつものマッサージが始まりました。いつもより痛く感じます。

これも腰痛体操のせいなのかなぁと思いながら、マッサージを受けました。

 

 

温泉掃除の日にちを減らしてもらいました。

いつも椎間板ヘルニアの影響で足が痛いので、温泉掃除を少し減らしてもらおうと、お願いすると、快く、温泉掃除の日を減らしてくれました。

完治すれば、また温泉掃除に復帰したいと思います。

椎間板ヘルニアが、いろんな形で、いろんな田舎な人との触れ合いを助けてくれた1日でした。

こうなれば椎間板ヘルニアも悪い事ばかりではありませんね。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。