田舎の6次化産業の成功例を考えてみる

6次化産業の成功例は、本当にあるのだろうか?

田舎の流通専門家として、ふと思うことに、本当に6次化産業で成功しているところは、あるのだろうかと思ってしまいます。

6次化っていっても、わからない方もいらっしゃると思いますので、まずそちらの説明をさせていただきますね。

 

6次化産業とは、農業生産を基本とし、第1次産業(農業生産)・第2次産業(加工)・第3次産業(販売・ サービス)の掛け算(1次産業×2次産業×3次産業)のできる6次産業化のことをいいます。

つまり、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。これにより農山漁村の所得の向上や雇用の確保を目指しています。

これを行うために、ちゃんと6次産業化プランナーという方々もいらっしゃいます。

 

 

 

商品をつくるにあたり、材料から加工、そして製品にして売り込むところまで、一貫して行うのです。

そうすることで、無駄を省き、利益率を上げて、地域活性化を図ろうとするものです。

さらに、地域ブランドとして、確立し、そのブランドを使い、更なる商品作りを行うということです。

 

最終的には、その村全体にお金が落ちて、全ての住民が裕福になればというところが、最終着地点ではないでしょうか。

 

そんな夢のような仕組みである6次化産業であるが、私の知っている限り、継続している団体は、ほとんど無いような気がします。

始めは、6次産業化プランナーやコンサルタントなどが、やってきて、いろいろと成功へ向けて段取りをしてくれます。

 

村や町の田舎の人たちは、そういう人たちの話を聞いているうちに、だんだんその気になってきて、気分は、大金持ちになった気分になります。

 

それに持ってきて、自分たちの作った野菜などが、商品化になり、道の駅などで販売され始めると、もう目的を達成したような気分になります。

ここまでは、一応成功といえるのではないでしょうか。

 

しかしこれからが大変なんですね。継続するためには、自分たちで頑張らない限り続きません。

6次産業化プランナーやコンサルタントの方々も、補助金などで、お金が出る間は、丁寧に教えてくれて、わざわざ足を運んで来てくれますが、一旦補助金がなくなり、お金が出なくなると、ぱったりと来てくれません。

 

あとは、自分たちで頑張ってください。ということです。

そうなると、後は、ひどいもので、お金が回らなくなり、商品が売れないので、在庫の山になり、それにあわせて作ったラベルやシール、包材は山のように残っています。

全て補助金などで作っているのでしょうが、もったいないですね。

何時も思うのですが、結局誰のための6次化産業なのかと思ってしまう瞬間です。

だれが、儲かったんでしょうね?

誰かが、儲かっています。

 

損をしたのは、仕事を依頼した、村や町の田舎の人たちです。

 

ということで、いままで上手くいっている6次化産業をあまり知りません。なかには、立派に黒字化しているところもあるのでしょうが、継続させるのは難しいですね。

 

一瞬は、儲かっているように見えるんですが・・・

そのときは、派手に商品の種類を増やし、都会に売り込みにいったり、さぞかし忙しそうにしています。

しかし、どこかでガソリン切れになってしまうようです。




田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加