田舎暮らしと都会暮らしの違いを感じた瞬間

またまた、田舎暮らしと都会暮らしの違いを感じた出来事が。

 

田舎と都会のちがいの記事はこちらにも

 

ちょうど近所の家にお届け物をすることがあり、歩いてお届け先に向かいます。

すると、その家には、誰もいなくて、結局、その家の方に電話をして、荷物だけを玄関先において帰ることを伝えることにしました。

すると、その家の方は、玄関先において置くと無用心なので、玄関の中に入れといてというのです。

 

な、なんと玄関は、いつも鍵をしていないんですね。

一応、誰も家の中にはいないとわかっていても「すいませ~ん」と声をかけてみます。

勝手に玄関を開けて、荷物を中に入れておきました。

 

荷物を玄関先においておくのと、玄関の鍵をいつもかけないのと、どちらが無用心なのかなとふと思ってしまいます。

 

田舎のおうちは、意外と玄関に鍵をかけない人が多いみたいです。

それには、理由もあります。

 

家に鍵をかけるのが、面倒くさい、今まで泥棒に入られたことがない。

さらに、家の敷地が大きいので、道路から玄関までの距離の結構あるのです。

玄関まで行こうとすると、庭を横切って、玄関前まで行かなくてはなりません。

その間に周囲の目が監視してくれているのです。

その途中に、犬がいたりすることは良くあります。

そのときは、ほんと驚きます。

どこからか犬がやってきて、吠えるのです。

そんな家もあるので、玄関に鍵をかけることもないのかもしれません。

 

知り合いばかりということも影響していますね。

多くの人が、顔見知りなので、怪しい人が来るとすぐにわかってしまいます。

最近では、宅配便の人も「顔見知り」の仲間入りです。

いつも同じ人が配達してくれるのですが、家に誰もいないときなんか、たまたま通った仕事場まで、荷物をもって来てくれることもあります。

また荷物を置く場所まで把握していて、この家は、誰もいないときは、ここに荷物と置いて帰る・・という具合に決まっているようです。

 

玄関先まで、荷物を届けた後、歩いて家まで帰るのですが、もう外は真っ暗です。

歩いて帰るには、とても危険です。

街中と違って、道路に街灯がないのです。

月明かりがない夜を歩くのは、暗闇の中を手探りで歩くようなものです。

足元さえも見えません。

懐中電灯が、必要です。

都会ならば、防犯のために街灯があったり、家の中からの明かりで、少しは、道路を照らしてくれるでしょう。

しかし、田舎は、街灯もなければ防犯カメラも家もありません。

中学生などは、自転車で通学しているんですが、自転車の電灯は必須ですね。これがなければ、部活で遅くなり、真っ暗の中を無灯火で帰るのは、とても危険です。

ただ星空は、最高にきれいでした。

 

月が出ていると、昼間とまではいきませんが、かなり明るいです。

月夜は、懐中電灯がなくても散歩が十分に出来ますよ。

 

◆まとめ

田舎は一見戸締りもせず、泥棒天国のようですが、実は周囲のみんなの目が見はっているので、都会よりも怪しい人を見つけやすいんですね。

みんなが防犯カメラの役目をしています。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。

 

by カエレバ