都会と田舎でのギャップを感じた ~ちょっとかわいい~

我が家の三男は、高校の山岳部に入部し、ボルダリングをしています。

毎日部活に楽しそうに行っています。

 

部活が無い日なんか、とても意気消沈。本人曰く中学校から部活動をいろいろやっているが、こんなに部活が楽しいと思ったことはないということです。

それくらい部活動に熱が入っています。(その様子を書いたブログはこちら

 

高校には、ボルダリングをするための「壁」があるのですが、1日中使えるわけではなく、時間が決められている上に、人数も多いので、なかなか十分な練習が出来ないようです。

まだ1年生なので、それもしょうがないのでしょうが。

 

そこで、自分でボルダリングが出来る施設を調べ、学校の部活終了とともに、そこに行くことにしたそうです。

私たちの住んでいる田舎には、そんな施設もあるわけでもなく、町まで行かなくてはなりません。

 

町までは、1時間に1本あるかないかの電車に乗り、乗り換えもあります。

高校生にもなって、JRなど、ほとんど乗らないので、彼にしてみたらちょっとした冒険感覚です。

 

結局、目的地には行くことが出来たのですが、その日、帰ってきて、その日のことを聞いてみることに。

 

ボルダリングに関しては、思う存分楽しむことが出来たようで、とても満足したようです。

また駅からも思っていたより近く、迷うことなくボルダリングの施設まで行くことができたようです。

 

しかし、JRに関して、田舎と都会の差を感じた発言があったので、紹介します。

通常、東京や大阪では数分おきに電車が来ることを、「次から次にバンバン電車が来る」という表現で言うじゃないですか。

ところが三男が言うには、電車の乗り換えはスムーズにいった?ときいたところ「全然問題なく、30分待たなくても電車がどんどんくるんよ」という応えでした。

30分って結構待つじゃん、と思いつつも、いつも学校帰りで、バスに乗るんですが、お昼の中途半端な時間に学校が終わると(試験期間とか)2時間くらい次のバスを待つこともある彼にとって、30分とは、次から次に乗り物が来る感覚なんですね。

 

30分なんか「待つ」時間には入らないようです。

この彼にとって、乗換えをする駅が、どんなに大きな駅に見えたことか、都会とは、すごいなぁという思いだったに違いありません。

 

これが、小学生くらいの子供ならまだしも、微笑ましいが、高校生が、この発言とは・・・・

生まれてから、ずっと田舎暮らしなので、都会での生活をほとんど知りません。

ちょっとかわいく感じました。

 

これからの長い人生、やっぱり一度は都会を経験させる必要もあるかもしれませんね。

 

こんなものも使うようです。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。