酒類販売管理研修

ワールドカップ日本代表は、本当に残念でした

こんにちは自称、田舎暮らしアドバイザーアラフィフの星です。

まずは少しこの話題についてお話しさせてください。

世間では、まだまだホットな話題ですね。

試合が終わってか成り立ちますが、今、思い返しても残念で仕方ありません。

 

最後の最後にやられてしまいました。

この負けた瞬間、どこかで同じような経験をしたことないですか?

そうです、もうかなり昔になりますが、ドーハの悲劇に似ています。

たしか、あの時も残り時間、後わずかというところで、同点に追いつかれ、ワールドカップの切符を手にすることはできませんでした。

そして、今回も残り時間あとわずかというところで、惜しくもワールドカップベスト8に進出することができませんでした。

 

この敗退を悲観することはありません。

ドーハの悲劇以降、サッカー日本代表は、ワールドカップに出場し続けています。

あの悲劇があったからこその、ワールドカップ出場なのです。

なので、今回もベスト8には、進めなかったですが、この苦い経験をもとに、今後、ベスト8に進み続けるかもしれませんね。

そうなると、今回のこの結果も決して悪い結果では、ないと思います。

4年後のワールドカップに期待しましょう。

そんなことを思いながら、今日は、酒類販売管理研修を受講しました。

 

少し残念に思うことがあります。

この酒類管理講習会があまり有効的なものとは思えないのです。

 

私、何を隠そうこの管理講習会、今回で3回目なんです。

毎回長い時間、講義を聞いております。

 

なぜ3回目かというと転職により職場がかわる

職場がかわるたびに、この管理講習会を受けています。

更新すればいいようですけど、職場が変わると、もう必要ないかなと思い、更新しないのです。

なので、その度に講習を受けています。

 

今回も前回受けた同じ場所で、同じ講師の方で、受けています。

なんか変な感じです。

 

この講習を受けるたびに受講料7000円も取られます。

 

なんだか、天下りの方々の給料を受講料でまかなっているような感じが拭い取れません。

本当に何回も受けないといけない講習会なのでしょうか。

分厚いテキストを、ずっと読み続け、当たり前のことをあたかも「大事」なことのように講義してます。

これも法律で決まっているので受講しなければしょうがないですね。

私も講師になって、お金をいただきたいです。

そんな、こんなで扇風機しかない暑い部屋で、講義を聞いてきました。

 

周りを見渡しても、寝ている人もいれば、全く違った本を読んでいる人もいます。

 

形だけの研修ですかね?

もっと違った形の研修は、ないものでしょうか?

コンビニなどでは、管理講習会を受けていない、アルバイトが主力で頑張っているというのにね〜

 

今日、受講した人たちも、ほとんどがコンビに関係か、大手スーパーやチェーン店の人たちばかりです。

コンビニとかは、会社で、こう集会すれば、余計な費用も払わなくて済むのに。

 

なんだか残念な講習会でした。

 

今日は少し愚痴っぽくなりました。
おいしいお芋でも食べて元気を出しましょう!!

種子島産安納芋100%天然のスイーツ【溶岩炭火焼き安納焼きいも】冷凍のまま食べるとまるでジェラート!




田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク