鹿肉をいただきました

2017年12月7日

いつも行っている温泉に行くと、なんだか食堂のほうが騒々しいではありませんか。

露天風呂

すかさず、何事かと、厨房へ向かいました。

するとそこには、鹿が…………

「これ、分けてあげようか」

という、ありがたい声。

ちょうど、猟に行って、鹿をしとめたところだったようです。

その鹿の肉を少しビニール袋に入れて分けてもらいました。

もちろん無料ですよ!

まだ、生温かそうな肉の塊。

とうやら、メスの鹿だったような。

この時期肉に脂がすごくのっていて肉が切りにくいとのこと。

そんな肉を遠慮なく頂き、温泉へ。

今日は相撲もやっているので、みんなでサウナの中で、相撲観戦です。

これが、なんとも最高のひと時。

この時期の話題は、もっぱら「寒くなったなぁ」ということです。

朝の車のフロントガラスに霜が降りて、氷がびっしりと張っている状況報告と昼間は晴れたら暖かい、けれど風は冷たい・・・という話を、来る人、来る人同じ話を繰りかえしします。

 

それが、挨拶のひとつです。無言が一番よくないですから。無言だと次、話すタイミングをなくしてしまいます。

 

というわけで、鹿肉をいただき、早速家でいただきます。

鹿肉は、何度もいただいていますが、食べ方は毎回一緒で、鹿肉の刺身です。

鹿肉は脂がほとんどなく赤身の肉です。

盛り付けてみました。

こんな感じになります。

これをわさび醤油でいただきます。

鳥のたたきを食べえいるような感じで、とても美味しいですよ。

以前は、このあたり、鹿は全くいなかったのですが、最近、急増しております。

いのしし同様、農作物を荒らすので厄介ものです。おまけに車にもぶつかってきます。

ジビエ料理とよく言われますが、私の感想としては、好んで食べるものではないですね。

動物たちも何を食べているかわかりませんからね。

でも殺した動物は、美味しくいただくことが大切だと思います。

これから、ますますジビエ料理を食べることができる時期です。

美味しく頂ましょう。


田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


来年のおせち料理は、楽しましょう!!