地元でちょっと有名なお食事処へいってきました。

今日は、1日地元で仕事だったので、お昼ご飯は、最近何かと雑誌や、フェイスブックなどに紹介されている、お食事処へいくことにしました。

このお店、昼と夜で経営者が変わるんです。

どういうことかというと、ほんとのオーナーは夜、営業をしている方で、昼間は、営業をやっていなかったんですが、休ませるのはもったいないということで、昼間だけ、別の方に場所を貸すことにしたんです。

昼間だけ場所を借りて営業をするなんて、なんと合理的。

というわけで、昼のランチを食べに行ってきました。

車を止める駐車場も十分にあります。

行った時間がお昼のピークを過ぎたくらいの時間であったため、お客様は、まばらでした。

厨房から、「いらっしゃい」の元気な女性の声。しかも関西弁なんです。

このお店、注文のシステムが、少し変わっているんです。

通常ならばテーブルに座って、メニューを見て、食べるものを決めるんですが、ここは、席に座る前に、メインメニューを決めて、厨房の女性に伝えます。

今日は、煮込みハンバーグもしくは、フライの盛り合わせなど3種類が用意されていました。

おすすめは、煮込みハンバーグということでしたのでそれを注文し、テーブルに座ろうとしたところ、ご飯と味噌汁は、セルフになっています。追加でおかずがほしい方は、こちらからどうぞ。といろんな一品のおかずが並んでいるところを紹介されました。

自分で、ご飯と味噌汁を用意して、テーブルまで運びます。このご飯と味噌汁は、お変わり自由です。

食事の後のコーヒーもセルフですが、飲み放題です。

間もなくすると、メインの煮込みハンバーグが運ばれてきました。

写真はとっていないけれど、ビーフシチューの中にハンバーグが入っているイメージです。

もちろんおいしく頂きました。

このお店の何がすごいのかというと、オーナーの関西弁の女性が一人で営業されているというところです。

なので、ご飯と味噌汁はセルフで行うシステムなのです。このオーナーの女子は、関西からよく弾丸フェリー(夕方出発のフェリーで船中泊→昼間は、現地で遊ぶ→その夜にはまたフェリーで船中泊で帰る)でよく関西から大分県に遊びに来ていたそうです。

その中で、この竹田市が気に入ってここに引越しをしてきたのが、6年前、それから5年ほど事務員として働き、どうしても自分のお店を持ちたいと言うことで、このお店を借りたそうです。

このお店の話も、5年間竹田市で働いたからこそめぐってきたチャンスだと思います。

まだ、お店はオープンして1ヶ月ほどですが、お客様も多くいらっしゃっています。地元でも人気のお店として成長しています。

私と同じように、この地が好きで、この地に住み、働くなんて、最高です。

しかも女性一人で独立して生活していくなんて、私もすごく力を頂きました。

これからもちょくちょく寄らしていただきます。