まもなく野焼きの季節になります。

まもなく久住高原名物の野焼きの季節になります。

野焼きは、草原を守るために欠かせない作業のひとつです。

枯れたススキなどを焼き払い、害虫も一緒に焼き払います。

春には、貴重な小さな草花が育つようにまた、太陽がよく当たるようにして上げます。こうしてあげないと、春に咲く小さな草花は、絶滅してしまいます。

今日は、その野焼きのための会議がありました。

久住高原を野焼きするといっても、とても広く、それぞれの担当地区が、いくつか分かれています。

同じ日時に重ならないように、日程を調整し行います。

この会議の目的のひとつとして、環境省から補助金がでるとのことでした。

何の為の補助金かというと、この草原を守るための補助金です。

金額にしてざっと100万円くらいだそうです。

これを十数の地区で分担するのです。

今、野焼きは、どこの地区も人で不足で、焼く面積を小さくしたりして対応しています。また消防団などにも声をかけて人集めをしています。

ボランティアを雇えばいいという意見もありますが、ボランティアでこられた方は、火の危険度もわからないし、中には、ボランティアそっちのけで、写真ばかり取っている人もいます。中には、怪我ややけどをする方もいらっしゃいます。

そんなこともあったので、地元の方々は、地域外からのボランティアは、あまり積極的に受け入れたくないというのが本音のようです。

この補助金を使って、人を雇えば言いというのが、環境省の考えのようですが、なかなかお金だけでは、行かないのが現実です。

かといって、人が少ないと、一度火がついた草原から、国有林など、絶対に火を入れてはならない森などに入る可能性もあります。人の数は、大いに越したことはありません。

この先、この草原を維持していくのは一筋ならでは行きません。

この草原でとれた牧草も、以前は、肥育、飼育、繁殖をしている畜産農家へ販売していましたが、今は、牧草を刈っても販売する畜産農家も減ってきているようです。

何のために牧草を生産してるのかわからないくらいです。

そんな逆風の中でも、地元の人、特に年配の方々を中心にこの久住高原の草原を維持しようと一生懸命です。

実際、100万円くらいの補助金を頂いても、そんなに役に立つようなことはありません。

もっと継続的に大々的におこなわなければ。環境省(国)から直接地元の団体に補助金が下りてくるのも不思議な話です。

せめて、県や市を通して、そして一緒になって、草原を守っていかなければと考えています。

そうしないと、この草原を守るための運動の輪は、広がっていかないと思います。

アラフィフ、今日はお隣さんへ行ってみる

仕事の話もあったので、自分の店舗の隣の店舗へと、お伺いすることにしました。

お隣といえど、車で数百メートルはあります。歩くと10分くらいかかる距離です。

うちの店舗とお隣の間は、草原になっております。

まだまだ雪が残っています。車に乗って出発するも、お隣さんの入り口で立ち往生です。というのも、郵便局の車が、入り口のちょっとして上り口でスリップしているじゃないですか!!

この緩やかなスロープの坂を上ったところが、目指す店舗なんですが・・・・

結局、郵便局の方は、そこに車を置いて、100メートルほど雪の中を歩いて、お届け物を持っていきました。

わたしの車は四輪駆動ではないですが、スタッドレスをはいています。

そこで、お店のマスターに電話して、「道路は雪が吹き溜まりのようになっていて進めないんですが」と電話をしました。

返ってきた答えは、道の横の草原なら、来るまで来ても大丈夫なので、そこから来てということです。

なんと草原を車で来いというのです。確かに草原は、そんなに雪はなく、白くうっすらと積もっているくらいなんだが。と思いつつ、行くことに。

タイヤは、多少から回りしながらも進んでいきます。

草原と道路の境目に来たときなんか、雪の吹き溜まりで、そこに溝があるのかないのかもわからない状態なので、一回車を降りて、確認に行きました。

そこには溝はなく、単に段差があるだけでした。

そして、また車に戻り、発信しようと思ったら、タイヤが滑って、前に進めません。

いったん後ろに戻って、タイヤがしっかりと回るところから勢い良く道路へと出ます。

何とか店の駐車場までたどり着きました。

車を降りると、大きな黒い犬が吠えながら近づいてきます。お店で飼っているレトリバーです。このレトリバーと一緒に、お店の中に入ります。

お店には、薪ストーブがあり、お客様も誰もいなかったので、「ここどうぞ」ということで、薪ストーブの前の特等席を案内されました。

ここの名物というかおすすめは、オムライスです。早速それを注文し、オーナーと最近の寒さの話や、くじゅうのことについていろいろと会話を楽しみみました。

そうすると、常連さんがやってきて、(常連の方は、四輪駆動の車で、雪の中をどんどんやってきました)楽しい会話が始まります。私も知っている方だったので、一緒のテーブルで食事をすることに。

いろいろとたわいもない近況報告をし合い、その場を後にしました。

ここは夏になると、キャンプに最適なんです。草原でキャンプ。

今流行の何から何もでそろっているキャンプではなく、テントや食事まで、もちろん電源もない、普通のキャンプができるところなんです。

とてもいいところです。

久住高原にも雪が降りました。

九州、久住高原にも雪が降りました。

アラフィフには多少きついですね。

車の運転も慎重にハンドルを操作しなければならないし、神経を使います。

今回の雪はm湿気の多い雪で、べっとりしています。

暖かくなるとすぐに解ける雪ですが、その後は、とても汚れます。

特に車は、すごく汚れてしまいます。

先ほど、警察官がきて、新年のご挨拶にこられました。

というのも、たった今、この先数百メートル先で、スリップ事故があったそうです。このあたりの地元の人は、スリップするところがわかるので、ポイントではスピードを落として走行するのですが、初めて冬の久住高原へこられる方は、ついつい、スピードをだしまま、カーブに新入してくるようです。

さっき事故を起こした方も、しっかりとスタッドレスタイヤをつけていたそうです。しかも四輪駆動の車だったそうです。そのことが逆に過信をまねいたのかもしれませんね。

道路を、右に左に蛇行し、最後は、土手の下に落ちたそうです。怪我が無かったのが何よりです。でも買って1年もしない新車とのこと。

JAFの車も大忙しのようです。行ったりきたりしています。

私もそうでしたが、一度雪道でスリップすると、恐怖が植えつけられ、二度と滑らないように気をつけるものです。スピードも程ほどに安全運転に努めるようになります。一度安全なところで、わざとスリップして経験しておくことが、いいと思います。

お店も開けてはいるものの、お食事をするために来る方は、ほとんどいません。

道路状況を聞きにきたり、駐車場でチェーンを巻いたり、この先行くのか戻るのかを思案している方もいらっしゃいます。

とにかく事故がないように願います。

今も雪がしんしんと降り続いています。

こんな日は、蒔きストーブを囲んで、お茶でも飲みながら、ゆっくりと外の景色を見ながらすごすのがいいと思います。

薪をどんどん使うので、近いうちに薪の収集に行かないといけないですね。ただ、この雪がやまないと行くことはできません。

薪がなくなると寒いので営業もできなくなります。何とか、この雪がやむまでは、今ある薪でなんとかもちこたえようと少しずつ使うように頑張っています。

 

大分県久住高原のことも少しご紹介していきます。

私の住んでいる、久住高原のことも少しずつですが、ご紹介していきたいと思います。

田舎暮らしの楽しみの一つとして、観光地がすぐ近くにあるということです。

季節になると、多くの観光客が押し寄せてきます。それくらい田舎には魅力があるということですね。

そんな魅力の中に住んでいることを誇りに思います。

ここ久住高原には、すばらしい草原があります。

くじゅう連山

草原については、以前にご紹介いたしましたのでそち具をらをご覧ください。

そのほか、いろんな施設もあります。

久住高原にもたくさんの人に来てほしいので、そんな施設のご案内もこのブログをとおしてやってみようと思います。

初回の今回は、ガンジー牧場です。

ガンジー牧場とは・・・・

ガンジー牧場は、大分県久住町のくじゅう連山のふもと
広大な久住高原で、ゴールデンミルクの生産・加工・販売を行なっています。
酪農工場の見学や乳しぼり、乗馬体験など、
「見て、学んで、遊ぶ」ふれあい牧場です。
雄大な大地で育ったガンジー牛のゴールデンミルクは、
まさに高原からの贈り物。
ガンジー牧場は、人と、自然と、健康の調和する場所。
ココロもカラダも、たっぷりとリラックスするひとときを贈ります。

といった施設です。

写真を撮りに行っていないので、画像はありませんが、HPがありますので、そちらで確認できます。

ガンジー牛は通常見ることはできません。

乳製品のお土産やパン、ケーキことのできる、大きな売店があり雨の日でもお買い物ができます。

晴れていたなら、売店の隣に、小動物がたくさんいるふれあい牧場みたいなところをおすすめします。

小さな子供たちが、えさのにんじんを与えたり、その辺の草をむしってあげたりして楽しんでいます。

私も、たまにソフトクリームを食べに、このガンジー牧場に来ます。

久住高原でも1位、2位を争う観光施設ではないでしょうか。

田舎暮らしにおいて、観光施設に遊びに行くことは、街中でデパートに行くような感じに似ています。

最近、アラフィフになってきて、子供たちも大きくなってきたので、なかなか観光施設に行くことは、少なくなってきましたが、自分の住んでいるところをたまには、巡回しないといけませんね。

いつ、その観光施設で働くことになるかわかりませんから(笑)