今日は、子供たちと一緒に温泉に行ってきました。

いつも掃除に行っている温泉に、子供たちと一緒に行ってきました。

 

ここの温泉は、私が週に2回ほど掃除に行っているために、私を含め家族は、いつ行っても無料で入ることができるという特典があるのです。

今日も寒い1日だったので、家の風呂に入るよりは、温泉だね。ということでやってきました。

子供たちは、温泉のおばちゃんに元気良く「こんばんわ」の挨拶をし、手馴れたように更衣室へ。

子供は男の子4人なので、当然全員男風呂へ。

すぐに服を脱ぎ、そそくさと湯船へ向かいます。

寒いためか、お風呂のなかは、湯気で真っ白です。

ほかのお客様は、数名いらっしゃいますが、いつものメンバーです。

子供たちは、湯船に入って、たわいもない話をするのが日課です。

4人でお風呂の中で輪になって、学校のこと、テレビのことなどを楽しそうに話しています。

そうするうちに、一人がサウナへ、一人が体を洗いにとばらばらになってきます。

そして、一通りの作業が終わると、また4人集まって、先ほどの話の続きをはじめます。

30分程で、一人がお風呂から出て、後を追うように、次々に湯船を後にします。

私も一緒にお風呂から上がります。

洋服を来て(パジャマですが)、更衣室を出ると、いつも温泉卵が販売されているので、これを食べるのが、最近の我が家の流行です。

一人1個ずつ食べるのですが、お風呂上りの牛乳もいいのですが、お風呂上りのゆで卵も最高です。

もちろんこの卵は、ここの温泉のお湯(炭酸泉)を使ってゆでてあるので、いつもの湯卵よりおいしく感じます。

まるで、どこかの旅館に泊まりに行って、観光地の名物の温泉卵を食べているような感覚になります。

その後、休憩室で、おのおのテレビを見るもの、漫画、雑誌を見るもの、私は、いつもスポーツ新聞を読むことにしています。

卵も食べ終えて、雑誌もひと段落すると、車で帰ります。

帰るとき、濡れたタオルをぐるぐる回すと、まもなく、カチカチにタオルが凍ります。そてゃ氷点下なんですね。

このなんでもないお風呂への旅が(時間にして1時間くらいなんですが)私にとって、幸せの何よりなのです。

昔は、こんなこと当たり前やんと思うことも、最近は、あ~幸せ、幸せと思うようになってきました。

いつまでもこのような状況が続けばいいなと思っていすが、子供の成長とともに、みんなで温泉に行く回数も減っていくんでしょう。

一人抜け、二人抜け、最後は私一人で、温泉に行く日が来るのでしょう。

ちなみにかみさんは、私たちが、お風呂に行っている間、晩御飯の準備をしています。休みの日などは、一緒に温泉に行きますが、平日は、男連中だけです。

かみさんにも感謝です。

アラフィフ、久しぶりに街で仕事をしてきた。

高原の店舗が、水道管凍結のため、営業が停止している状態なので、今日は、街まで降りて、厨房機器の納品に行ってきた。

今まで、食品などを売る、販売の仕事は、得意だが、機材の搬入などはしたこともなく、とりあえず、足手まといにならないようにということと、納入の仕方などを、見させてもらった程度で、とても仕事をしたというところまでは、いっていないように感じた。

しかし、これから店舗が、閉店している間、いろんな仕事に首を突っ込んで、経験して行こうと思います。

店舗からも、以前ピザを作ろうと思い、持ってきた、大きくて重いミキサーも出して、販売することになりました。

この搬出作業を手伝い、新たな買い手までトラックで運ぶという作業もあわせて行いました。

力仕事というよりは、要領ですね。

なんでもそうですが、経験が物を言います。

納入、搬入の仕事が、一通り終わり、久しぶりに、以前、お世話になっていた、パン屋さんへ顔を出してきました。

店長さんが、相変わらず、すばらしい手のこなしで、次々にパンを作っていきます。

久しぶりに嗅ぐ、パンの香りにも癒されます。

私もここで、数ヶ月パンと格闘していたわけですが、その頃のことを思うと、つらさと楽しさが半々ぐらいで記憶がよみがえってきます。

そんな1日を終えて、田舎に帰るときに思ったことに、仕事は安定していないが、家族と一緒に暮らせて、平凡が幸せなんだと。

そう考えると雪のふるに日、子供たちの送り迎えなど大変なときもあるけれども、それさえも幸せに感じます。

日ごろなんでもないところに、充実した気持ちと充実した感謝が落ちているんだと、改めて感じさせられます。

今の仕事をしていると、今まで出会ったことのない人たちと多く出会う機会があります。それもサラリーマンの方では、それなりの肩書きを持った方、また自営業者の方では、社長さんや、役員さんなど、年配の方が多いです。

そのような方々は、ほんとにいろんな経験をされています。

人の数だけ人生があるとは、よく言ったもので、私が想像もしない、ほんとにこんな人生あるんやと思うような人生を経験されている方がほとんどです。

表向きには、みんな普通に生活しているけれど、それぞれに悩みがあり、それぞれの問題を抱えているんですよね。

そんなことを帰りの車の中で考えていました。

生きていくということは、いろんな経験をしていくということなんですね。

明日からも仕事頑張りましょう。

店舗がボロボロになってきました

毎日、毎日寒い日が続きます。さらに毎朝氷点下です。店舗は相変わらずクローズしたままです。

クローズしまたままならいいのですが、店をオープンしないためかお店がどんどんボロボロになってきています。

というのは、水道管が水抜きをしているにもかかわらず、水をきれいにするための浄水器に水がたまっていたらしく、それが音をたてて破裂しました。

さらに、地下化水をくみ上げるためのポンプから貯水タンクに水を入れるための管も凍ってしまいました。まさかこの太さのものまで・・・というくらい太いのですが。

それだけ今年の冬は、寒さが厳しく、また寒波の期間も長いので、溶けることができないようです。

浄化槽に空気を送るためのブロワーも異音とともに、過負荷により故障。これも寒さのせいなのでしょうか。

ここまで、いろんなものが壊れると復活できるのか心配になってきます。

どちらにしろ暖かくならないと、壊れた箇所も確定しないし、営業もできないので、しばらくは、このままの状態で待機です。

しかし、修理にお金がかかるということになると、心も折れそうになります。

店舗は、賃貸なのですが、どこからどこまでが借主で、どこからどこまでが持ち主の責任なのかもはっきりとしていません。

店舗が自分の持ち物なら、修理する費用を投資しても良いのですが、借り物なので、いまいち踏ん切りがつきません。

また、来年同じようなことが起きる可能性もあります。同じようにならないようにするためには、さらにお金を投資して、修理しなくては、ならないのでしょう。

店舗は築30年くらいで、昨年は冬季期間は営業をしていなかったようです。

この先ここで店舗を維持して、営業していくのか、それともこの建物を買い取って修理していくのか、それともここを手放して、別のところへ移るのか、今月中には、決断しなくてはなりません。

田舎暮らしのわくわく感は半端なく、わくわくです。

家族の生活もあるし、この先全く安定した生活は、保障されていません。サラリーマン時代は、毎月決まった給料を頂き、生活の不安定さを感じたことがなかったのですが、今は、これから先の多きな決断を迫られています。

この年(アラフィフ)になって、まさかこんなことで悩むなんて、と思ってしまいます。

裏を返せば、田舎暮らしだからこそ、サラリーマンでないからこそ、自由な時間をすごせるし、サラリーマンでは、経験できないことが体験できるんだなと前向きになって生活ができます。

さあ、前に向かって進みましょう。

アラフィフ!子供のゲーム(パズドラ、モンストなど)について。

相撲が盛り上がってきたのかどうかはわかりませんが、私は昔から栃ノ心が大好きなので、是非優勝してもらいたいと思っています。このまま、あと3日間頑張ってください。

今日は田舎暮らしとは、少し話題が変わりますが、子供のゲーム時間について考えてみました。

我が家には、19歳の子供がいますが、この世代は、もうゲームから卒業し、自分自身で、ゲーム時間をコントロールできます。

しかーし、中学生は、もう全然ダメです。特に私の要らなくなった携帯電話を渡してしまったばっかりに、食事以外は、ずーっと携帯でゲームをしています。

受験生というのに・・・

どこの家庭も同じようなことで悩んでいると思われることに、子供のゲーム時間があると思います。

やめなさいと言っても、戦いが今始まったのでやめられないとか、わけのわからん理由で、やめません。

どうやったら、ゲームをやめてくれるのでしょうか。というより、ゲームからの興味を奪い取ってしまいたいくらいです。

どうしたら気持ちよくゲームから去ってくれるのかを少し考えてみました。

いくらゲームをやめろといっても、ちっとも聞かない。

そこで、提案なんですけど、親が登録制で、ゲームの難易度を最強にするっていうのはどうでしょうか?

たとえば、パズドラなどでもガチャがあるわけですが、常に最高のキャラクターがゲットできて、ステージも難なくクリアできてしまう。

モンストも同様です。

常に最高のステージを提供し続ければ、面白くなくなってやめないでしょうか。

我が家でも、ガチャであまりいいキャラクターが出なかったら、かなり悔しがっています。

結果、機嫌が悪くなり、、しばらくは話しかけられないくらい、機嫌が悪くなります。

小学生の時期などは、自分自身の感情をコントロールすることもできず、大変でした。

たかがゲームなのですが、かなり機嫌を左右します。ゲームごときで親にもかなり負担をかけていると思います。

ゲームを禁止すればいいのですが、、それはそれでなかなが難しいのが現実です。

中学生になり、大人になるにしたがって、感情のコントロールは自分自身でコントロールできるようになってきます。

我が家もそうです。

しかし、受験期間にもかかわらずゲームに没頭する姿を見るとこれでいいのかとふと疑問に思います。

自然にゲーム離れできる環境を提供することも期待したいものです。

不機嫌になる子供の姿を見ることが、つらいですね。それを避けるために親は、いろいろとご機嫌をとってしまうんです。