田舎暮らし流通の専門家として

今思うこと

地方(田舎)での商品作りのノウハウ

今も多くの地方の方々が、自分たちの作った作物を使ったり、地元由来の材料を使ったりして、加工商品を作っていると思う。また作りたいと思っていると思う。 私も以前は、いろんな加工品を作ってきた、「地元産○○を使った」とか「ここでしか変えない...
今思うこと

田舎の企業は、人材不足、後継者不足で苦労しています。

今回、水道管の凍結で、田舎の業者といろいろと話をさせていただきました。 その中で、気になることというか、共通する問題点がいくつかあったので、書いてみたいと思います。 一つ目は、人材がいないということ。入社してくるもののすぐに仕事をや...
今思うこと

田舎で使われる補助金は、ほんとに田舎に落ちているのか?

田舎の流通および地域活性化に携わったものから一言言わせてください。 今、多くの補助金が出ています。 商品を作るための補助金、パッケージを作る為の補助金、街づくりのための補助金などなどです。 その補助金を使って多くの...
仕事について

最近の道の駅の野菜の出荷状況などを聞いてきました。

田舎の農家の状況把握 今日は少し時間に余裕があったので(お店の水道が凍結しているために営業できません)道の駅時代にお世話になったお漬物加工場へ行ってきました。 この加工場の経営者が、農産物の出荷協議会の会長さんをやられている方です。...
仕事について

田舎での野菜の販売方法、販売の仕方を教えます

田舎で野菜を作っている多くの方が、この野菜を販売できればいいのにと思っていることでしょう。 自分で販売するには限界があるし、1年中販売できるわけでもないし。 お隣さんに分けても、まだあまってしまうほどの野菜をどうすればいいんだろうと...
今思うこと

アラフィフ!田舎の加工場の運営現状をさぐる

田舎暮らし流通専門家として、過去にはすごく繁盛していたと思われる加工場の現状を見てきました。 現在も、道の駅などに、酒まんじゅうやお弁当を出している加工場がいくつかあります。 ただ、この加工場にも高齢化の波が押し寄せているようです。...
田舎暮らし流通の専門家として

田舎でもできる?自分というブランド作り

田舎暮らしで、日々を振り返り、ブログを書いている アラフィフになり、自分自身というものが見えてくる。そうした中で、自分というものがなんなのか、ふと思うときがある。 一言で自分を語れば、どんな風に語れるのか、1日かけて自分を表現するに...
【DAZN】スポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました