ほていの湯(温泉)へ 田舎暮らし1日ご苦労様でした

2018年10月6日

今日は、仕事が早く終わったので、いつもの温泉へとやって来ました。

いつも温泉料金を支払う時に「お帰り~」と、言っていただきます。
なんだかホッとします。

そして今、お風呂にはすぐに行かず、大広間(休憩所)にて、このブログを書いています。

田舎暮らしを噛み締めているところです。

いつものお風呂メンバーのすがたもちらほら見えます。

土曜日、日曜日は、多くの観光客の方も来ますが、平日ともなれば、やはり静かです。

温泉では、いつものお決まりのパターンです。

これが今いちばん落ち着ける環境なのかなと思っています。

すでに、帰り道途中でビールも買ったし準備は、バッチリです。

すっかり仕事をリタイアした人が言うような台詞ですね。

アラフィフということで、本当は、もっと夜遅くまでバリバリ仕事をしないといけないのでしょうが、私は、全くそのモードになりません。

もっと頑張らないと、これからの日本も良くならないかも。

今のアラフィフってかなり疲れていると思うんです。

就職した時は、まだまだ時代に勢いがあり、自分で意識しなくても勢いよく進むことができた。
給料もそこそこ上昇しボーナスもあった。

何もかもが、このままうまくいくものと思っていた。

そんなバブル崩壊期でした。

アラフィフ世代は、そんな中でも頑張ってきて時代が進むにつれて、だんだんと生活しにくくなって来てます。

この世代は、将来の年金もどうなるのかわからず、低賃金で働いている人が、ほとんどだと思います。

そんな中でも人として豊かに楽しく生きていこうと思っています。

だからこそ、十分にゆとりを持った心が必要なんです。
折れないしなやかな心が。

それを求めて私も今、ここにいます。

負け組なのかなぁ?

お風呂に入って、ゆっくりといろいろなことを考えてしまいます。

なので、今日は、もし宝くじが当たったらということについて考えてみました。

たとえば宝くじで1億円くらい当たったらどうするかとか。

いろいろと買いたいものやりたいことが浮かんできます。

まずは、働きたくないなぁとも思います。

やらされ仕事は、もういやだ!!

自分で、自分の好きなことにチャレンジしてやる!!

それが、きっと社会に役立ち、いつの間にか仕事になっている。

そして、田舎で暮らして・・・・

最高です。

こんなことを考えて温泉にはいります。

そうすると、明日への活力となるような気がするので。

決して負け組みでは、ないぞ!

みんなと違った生き方をしているだけ。

アラフィフならではの人生の楽しみを見つけていこうと思います。

田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

by カエレバ