お店のオープンまでもう少し時間がかかります。田舎の加工場へ行ってきました。

2018年10月17日

なかなかお店がオープンできる状態にならないのですが、前向きに仕事に取り組んでいるアラフィフの星です。

 

今日は、朝から、近所の加工場へ、様子を見に行ってきました。そこでこんなものを見つけました。

これ何かわかります?コンクリートではないですよ。もっと遠くから見てみましょう。

はい、これです。

これは、ちょうど今固まったばかりのこんにゃくなんです。

 

これからお湯にとおして出来上がりです。

この近くで、コンニャクイモを育てているそうで、このこんにゃくも道の駅などで販売されます。

ここの加工場も高齢化がすすみ、10名もの従業員がいるんですが、現在は5、6人で運営している状態です。

この、こんにゃくの作り方も代々受け継いでいって欲しいのですが、後継者がいないので、そのうち、こんにゃくを作ることができる人も減ってくるでしょう。

 

何とかしてあげたいのですが、まずは自分のお店もオープンできていないのに、それどころではありません。

午後からは、店舗に戻り、オープンに向けての片づけをと思っていましたが、いろいろと知り合いが来てくれて、いつお店がオープンするのか心配してくれています。

 

そういった方々のおかげで、なんとかやれているお店なんですが、そういった激励に早く応えたいと思っております。

 

そこで、少しでも店内を明るくしようと思い、ホームセンターに行き花を買ってきました。

 

昨年も植木鉢に花ではなく、観葉植物を植えていたんですが、冬季の極寒の中で全て枯れてしまい、おまけに土は凍ってしまい、全滅してしまったんです。

 

なので、今回は、観葉植物ではなく花を植えてみようとおもいガーベラなどを買ってきました。

そして、ぽかぽか陽気のなか、ラジオを片手に、土いじりを始めました。

土いじりをしている途中にも、電話が鳴ったり、誰かが訪れてきたりと、なかなか作業がはかどりません。

 

手が汚れているので、そのたびに作業を中止しして、少しおしゃべりして、再び仕事に戻り、今度は電話がなるので、また手を洗い電話に出て、そして再び土いじりに戻るとう行動の繰り返しです。

そして何とか、夕方までには、植え終えることができたのがこれです。

 

なかなか上手にできました。

これからどんどん成長して、おそらくこの植木鉢からはみ出すくらい成長していくことでしょう。

今日は、そんな1日の過ごし方でした。

 

早く店舗をあけたいのですが、なかなか準備がすすみません。当然人もまだまだ募集しています。


田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


来年のおせち料理は、楽しましょう!!

 

by カエレバ