田舎暮らしは、いつ始めるのがいいのか

田舎暮らしを始めるならば、いつがいいのでしょう

田舎暮らしを始めるのであれば、タイミングは二つあると思います。

私が田舎暮らしを始めたのは、まだまだ子供が小さい頃でした。しかも三男と四男は、ここで生まれました。

長男、次男も、ここへ引っ越してきたことを覚えていません。ここでの思い出がほとんどなのです。

子供たちは、自然の中で魚を捕まえたり、バーベキューをしたり、家の前の空き地で野球をしたりと、自然の中で大いに遊んでくれました。

そんな子供たちも今は、大きくなり、それぞれ町の学校へと通っています。

そうなると、子供たちにとって田舎暮らしの役割は、終わったしまったようです。それよりも今度は、都会で、カラオケに行ったり、ボーリングに行ったりと町の中での遊び方を学ばなければなりません。

そちらに興味がいくことは、いたって普通のことなのです。

都会でいろいろな刺激を受けて、未知の世界である都会文化に接してこそ、彼らは、自分たちが育った田舎の意味を考えることになるのでしょう。

そうやって考えると、田舎暮らしを始めるポイントの一つとしては、子供が小さいうちに田舎暮らしを始めることがいいと思います。

子供が小さい頃は、自然と触れ合う機会も多く、友達同士でもいろんな遊びを学びます。

小さいころに田舎で育ち、自然と触れ合うことで、大きくなっても、自分自身で自然との距離感もつかめるし、自然の中で暮らすということがわかると思います。

大きくなってから、この自然との距離感を縮めることは、難しいと思います。またその価値に気づくことも難しいのではないでしょうか。

子供が大きくなって、自然に囲まれた暮らしが当たり前だった子供のころの経験が、大人になって表には、見えてこなくても何らかの形で、自然からの恩恵が身に備わることを期待したいと思います。そのことに気が付くのは、かなり子供たちが大きくなる先のことになるでしょうが。

もうひとつ田舎暮らしを始める時期は

もう一つの田舎暮らしを始める時期としては、50代くらいがいいのではないかと思います。子供たちも大きくなり、自分たちに時間が持てるようになり、まだまだ、体力的にも大丈夫、生活は子供中心から自分たち中心へと変わっていきます。

夫婦二人の田舎暮らしだと、庭もそんなに大きくなくてもいいし、家も部屋の数はそんなにいりません。そこそこの大きさの家と庭で十分です。

あまり大きいとこれから衰えていく体のことを考えると、掃除や草刈りなどが大変ですよ。

50代で、引っ越しを考えている人がいれば、都会のマンション暮らしもいいですが、田舎で小さな家を借りて、小さな庭で、野菜などを作ったりして、のんびり暮らすことも選択肢のひとつに入れていただければと思います。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。