絶景!! ドローンにてくじゅう国立公園、久住高原を影していただきました まずは、ご覧ください

2018年11月6日

草原は、いつもの静けさを取り戻しています。

大分県の中学校駅伝大会も終わり、昨日、今日と大会で使ったテントや簡易トイレの撤収が始まっています。

作業されている方が、コーヒーを飲みに来られたので、ちょっとお話すると、この時期にしては、とても暑いというのです。

外での作業をするには、天気が良すぎたようです。

汗びっしょりになっていました。朝晩と昼の温度差が、すごくあるので、体調管理には気をつけないと。

 

今日の営業も終わろうとしていたときに、2名の男性のお客様がいらっしゃいました。

その方々は、今年に1月11日にお越しいただいた、お客様でした。

今年の1月11日とは、どのような日かというと、それは下の記事です。

アラフィフ。今日は閉店のつもりが・・・

一面、雪に覆われていました。

 

その日のブログを読んでいただくとわかるように、この男性のお客様は、ドローンを使って空撮している方々だったのです。

 

今回も久住高原へ、ドローン空撮に来られたようです。

 

早速、今回も空撮をお願いいたしました。

画面を見ながら、ドローンを操縦します。

遠くのほうからドローンが戻ってきます。なんかペットみたいですね。

九重連山の山々はすでに紅葉が終わっていますが、草原にはまだ少し緑が残っています。

もうすぐすると、一面、黄金色へと変わっていきます。

これが、私が働いている久住高原です。

 

何もないけど、草原が一面に広がっているのが良くわかると思います。

そしてこちらの建物が、私が今いるところです。

 

本当に、草原の中にポツンとあるような建物です。

今日は、風もなく、ドローン空撮には、最適な日のようです。

以前は、こういう写真を撮ろうと思えば、航空写真しかなかったのですが、今は、ドローンがあれば、いつでも写真を撮ることができるようになったのは、すごいことですね。

航空写真なんて、個人で写真をお願いするなんて、できないですからね。しかも金額もそれなりにかかるでしょうから。

これで、くじゅう高原の、真冬と秋のドローンの画像が揃いました。

後は、野焼きが終わった春と、夏の画像があれば、1年を通しての画像を多くの人たちにお見せすることができます。

私、個人は、やっぱり5月のゴールデンウィークくらいの初夏のなんとも新緑がきれいな頃の、写真を撮ってもらいと思っています。

 

ドローン撮影をしてくれた二人と一緒に、コーヒーを飲みながら、「長湯温泉の炭酸泉が効果抜群」などの話をして、ちょとしたひと時を過ごさせていただきました。

久しぶりに久住高原に来ていただき、とてもうれしい1日となりました。写真ありがとうございました!!



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。