必読!私が実践しました。椎間板ヘルニアには、この本がおすすめです。

こんにちは、田舎暮らし満喫中のアラフィフの星です。

私が、椎間板ヘルニアになって、4ヶ月が過ぎようとしています。

アラフィフの椎間板ヘルニア日記

田舎暮らしと仕事と椎間板ヘルニアと治療

最近は、病院にもあまりいかず、薬がなくなったときだけ通院することにしています。

ちょうど、本日病院にいったのですが、インフルエンザの予防のためのワクチンは、なくなっていました。

田舎なのでお年寄りの方が多いせいか、この時期になるといっせいに予防接種をするのです。

うちの子供たちも、予防接種を受ける予定ですが、次回のワクチンの入荷は未定とのこと。

 

さて、椎間板ヘルニアです

現在の状態は、痛みも全くなくなったわけではありませんが、動くのには、あまり影響しません。

しびれはまだあります。

この椎間板ヘルニアは、気長に付き合っていけば、徐々に回復に向かうと誰もが言ってくれます。

しかし、痛みに我慢できない人は、手術して早く楽になりたいと思うのでしょう。

椎間板ヘルニアの痛みは、我慢しがたいですからね。たとえブロック注射を打ったところで、徐々に、またもとの痛みが出てきますから。

私も、痛みが和らいできたとはいえ、歩く姿は、少し斜めに傾いています。自分では直立しているつもりなのですが、しっかりと背筋を伸ばすと、足がまだ痛いのです。

知らず知らずのうちに背中は丸くなり、左に傾いてしまいます。

後ろからこの歩く姿を見ると、みんな「へんな格好であるいているなぁ」と思い、注意してくれます。

そのたびに私は、「この曲がった状態が正常なんよ、だから逆に、背筋がまっすぐになったときには、歩き方がおかしくなったねと注意してね」と冗談で応えています。

多少はからだを動かすことができるようになったので、両親が、ある本を買ってきてくれました。

そこには「すべてを解決」と書いています。

椎間板ヘルニアについて書いてある本ではなく、からだ全体を良くしていく内容です。

5秒のひざ裏伸ばしで、すべてが解決という感じです。

たった5秒で、「壁ドン」「壁ピタ」「1・2・3(ワン・ツー・スリー)」のたった3つのポーズで奇跡を起こすとなのです。

この3つのポーズをするだけ。

「壁ドン」は、ひざ裏と共に両足の裏側の筋肉や背中の筋肉、体幹などを鍛えます。

「壁ピタ」は体幹の筋肉を緊張させつつ、ひざと深く関わる太ももの筋肉(ハムストリングス)や内転筋を引き締めます。

「1・2・3」は股関節をやわらかくする効果があるし、深い呼吸のレッスンにもなります。

3つセットで行うことで、ひざ裏を中心とした全身の筋肉が、本来の動きや強さを取り戻していくそうです。

どんな体操なのかは、本をご覧くださいね。すいません。

この本には、両手だけで、自分の体を持ち上げる84歳のおばあちゃんやブリッジを軽々とやってのける83歳のおばあちゃんも紹介されています。

わたしもこの体操をするようになって、日々、からだの動く範囲が広がっています。と同時に痛みも引いてきています。

ひざ裏を伸ばすことが、こんなに効果があるとは、思ってもみませんでした。

椎間板ヘルニアと戦う、田舎暮らし満喫中のアラフィフの星でした。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。

 

by カエレバ