~心を病んでいる人へ~ 何が心の豊さなのか、どうすれば「心の豊かさ」が確保できるのか

田舎暮らしにあこがれている人が増えているらしい

少し前のデータですが、NPOふるさと回帰支援センターが都市居住者5万人に実施した調査によると、約4割の人が「田舎暮らしをしたい」と答えています。

その内訳をみてみると、50代が最も多く、42.5%、ほぼ同じくらいの比率で40代が42.4%。そして60代で39.6%と続くが、20代でも「田舎で暮らしたい」と思う人は37.3%と意外に多いのです。

昔は、都会から田舎へ移ると「都落ち」と思われ、どこかマイナスイメージがあったようなのですが、今は「田舎で暮らす」ということは、ライフスタイルの一つの種類として、確立されているのではないでしょうか。

またそのアンケートでは、「田舎で暮らす場合、どのような条件を希望しますか」という項目があります。

するとその第一位は「自然が豊かなところ」だそうです。なんと73%の人がそう答えているのです。世代に関係なく、ほとんどの人が田舎の豊かな自然に魅力を感じています。

田舎に移住した人たちにその理由を尋ねると

「子供を自然の中でのびのびと育てたい」「鳥のさえずりや、木々の揺れる音を聞きたい」「自然を身近に感じたい」などの意見が多いのです。

良い事ばかりではない

逆を言えば「自然に満ちている」ということは逆に言えば不便であるということ。自然以外は、何もないところである。コンビニもなければ、映画館も美術館も、本屋さんもない。都会生活ではごく当たり前にあるものが、田舎にはない。

それでも田舎に行きたいという人が増えているのです。

どうしてんでしょうね。

その「何もない」ところが何より田舎の魅力なのでしょう。

身近に美しい景色がある。それだけで、人の心は想像以上に満たされるものです。例えばどこ家へ向かうローカル線に乗り車窓から景色を眺めているうちに、驚くほどゆったりした気分になったり、癒されたり、といった経験があるのではないでしょうか。

移住した人からこんな言葉を聞いたことがあります。

「ゆっくりと草原に沈んでいく夕日を見つめているだけで、なんだか贅沢な気がします」

「夜になると、カエルの鳴き声がすごいですよ。うるさいんだけれど、でもなんかいいなぁと思ってしまうから不思議。東京にいるころは、つくづく電車や車の騒音、何かの機会的な音など、人工的な音に埋もれて生活していたんだなぁと思いました」

何が心の豊さなのか、どうすれば「心の豊かさ」が確保できるのか

自然の恵みが人々を温かく、満たしてくれる。つまり、田舎に身を置くだけで、私たちはすでに「心の豊かさ」を確保できていることになるのではないでしょうか。

お金でわざわざ買わなくても、自然が心を満たしてくれるのです。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。

 

by カエレバ