田舎暮らしは、別荘暮らしではないのでよろしく!!

田舎暮らしは、別荘暮らしではありません。

よく、人に言われることに、田舎暮らしは、のんびりしていて、自分の好きなことをして、自然に囲まれて人生を楽しんでいますね・・・・みたいなことを言われますが、それは、田舎暮らし=別荘暮らしみたいなイメージで考えているからではないでしょうか。

田舎ぐらしは、別荘暮らしとは根本的に違います。

田舎で暮らすということは、自治会にも入って、地元の人とがっつりと365日付き合って、数ある組織にも所属しなければなりません。

田舎を本拠地として暮らしてこそ、田舎暮らしなのです。

周りのたくさんある自然も、田舎暮らしの人にとっては、日常の風景であり、別荘暮らしの人にとっては、非日常なのです。

別荘暮らしの人にとっては、あくまで、都会での生活スタイルを持ち込みつつ、田舎で生活するのです。

おしゃれなワインを持ち込み暖炉の前で、ゆっくりとそのワインを嗜む。田舎暮らしの私でさえあこがれますね。

田舎暮らしと別荘暮らしでは、テンポも違うはずです。

田舎暮らしでは、ずーっとそこに住んでいるので、なんでもテンポが緩くなり、また季節に合わせて、活動を変えていきます。サイクルは1年単位で動きます。

別荘暮らしでは、別荘に滞在する期間も決まっているので、滞在中にやるべきことが目白押しだったりします。

部屋の掃除や、庭の掃除など、季節が変わる前にやっておかなければやらないことがたくさんあります。とてもゆっくりしている場合ではありません。テンポが速いんです。

田舎暮らしでは、寒くなって、外に出るのも嫌になることもあります。雪が降って、雪かきをしなくてはならない時もあります。

また、見たこともない昆虫や動物、爬虫類が出てきたり、そんなことは、日常茶飯事です。でもこれらから逃げることはできません。一緒に暮らすしかないのです。

一方別荘暮らしならば、寒くなり、雪かきなどが面倒な時には、別荘には、来なくていいのです。いやな動物とも出会うこともないでしょう。

隣の家の栗の木から栗が落ちてきて、拾うにしろ、田舎暮らしならば、隣の人のことを良く知っているので、一言声をかけて、拾っていくのですが、都会暮らしの別荘暮らしの方は、これはラッキーといわんばかりに、無断で拾っていく方がいらっしゃいます。(田舎には、田舎のルールがあるので気を付けてね)

都会から来る人は、意外と無断で田舎のものを持って帰る人も多いですね。(野に咲く草花とか)

でも、田舎暮らしには、人との付き合いが欠かせないために、この人づきあいが煩わしい人には、別荘暮らしをおすすめします。

田舎暮らしに向いている人もいれば、都会と田舎の二重生活が向いている人もいると思います。

それぞれのライフスタイルに合った生活をおすすめします。決して無理して生活スタイルを変えることはないと思います。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。