アラフィフ 年に一回の健康診断に行ってきた 結果は1週間後 緊張するなぁ~

今年も健康診断に行ってきました。

毎年、行っているのですが、いつも同じ検診場所なので要領はわかります。

朝早くに行くか、受付時間ぎりぎりにいくと割とスムーズに検診がすすみ、待ち時間も少なくていいのです。

今回は、受付時間ギリギリではないけれども、わりとゆっくりと時間に余裕をもって、行ってきました。

 

受付には、誰も待っている人はいません。

すぐに受付を済ませ、そのまま2階へと行きます。

そこには、待合室に20人くらいの人が待っているのですが、そこには知り合いもちらほら。

小さな健診センターなので、これでも多いほうです。

採血や、レントゲン写真などを待つことなくどんどん終わらせていきます。

一つ一つの検査が終わると、待合室にとりあえずもどり、そこで名前を呼ばれては、また次の場所へという具合に必ず、待合室を経由して、また別の診察、検査へと行くのです。

そのために、知り合いと話をしていても、どうしても話が途中で終わってしますのです。

話を始めると、どちらかが名前を呼ばれ、席を離れていきます。そして、すぐに戻ってきたと思ったら、今度は私が呼ばれます。

そんな具合に、待合室から戻ってきては、出ていき、出ていったと思ったらまた戻ってきて、ほとんど内容のある話はできません。

それでも1時間くらいで、検診はすべて終了しました。

今回の検診で、今までの中で、つらかったものがあります。

それは、心電図と胃の透視検査でです。まず心電図ですが、検査に何も痛いことはありません。ただ胸にちょいちょいとコードを付けてじっとしているだけなのですが、何がつらかったといえば、椎間板ヘルニアのせいで、急に仰向けに横になると、足全体がしびれ、その後痛むんです。

おかげで、痛みを避けるために、妙に変なところに力が入ってしまい、看護婦さんの「力を抜いて楽にしてくださいね」という具合にはいかず、左足を中心に変な力が入ってしまいます。ちゃんと心電図がとれているのか心配です。

もう一つ、つらかったのが、胃の透視なんですが、別にバリウムが嫌いで、きつかった訳ではありません。

もうお判りでしょうが、胃のレントゲンを撮る場合、バリウムを飲んだ後、仰向けになったり、うつぶせになったり、横向いたり、逆立ち状態になったり、様々な格好をさせられます。

マイクをとおして、いろいろと体制を支持してくるのですが、その体制になるたびに、体を無理に動かします。そのたびに、ここでもヘルニアがいたずらします。

中途半端な体制で、「そこでストップ」とか言われるので、その体制をキープするのに、足が痛むのです。

これほど、検査が早く終わってくれと思ったことはありません。

これも意識が、痛みの方ばかりいっていたので、ちゃんと検査できているのかどうか心配になります。

そういうわけで、検査結果は、約1週間後に送られてきます。

なんかあんまりよくないような気がしてしょうがありません。

もうアラフィフですから、体もガタが来ますね。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。