便利を買う時代になりました。便利は高価な買い物です。

田舎に住んでいると、便利ほど程遠いものはないと感じます。

便利な生活をするためには、そこには、お金を支払うという代償が必ず求められます。

田舎では、その便利を買うこともできず、不便を強いられていることは、すごく多いのです。

まず、代表的なことが、交通機関です。

都会ならば、タクシーにバス、電車など移動手段は、たくさんあります。その移動手段を使って、多くの人たちがやってきます。

人が集まり、賑わいが出て、経済を活性化しています。

しかし田舎では、タクシーやバスはあるものの、それを利用しようとしてもとても不便なのです。

とにかく、乗っている距離が長いので、それだけお金もたくさん支払わなければ、目的地まで連れて行ってくれません。

飲みに行って自宅まで、タクシーで帰るくらいなら、その辺のビジネスホテルで、泊った方が安くつきます。

飲みに行ったときは、誰しもが、家族のだれかに迎えに来てももらうというのが、田舎の飲み方なのです。

通学に関してもすごく不便なのです。

我が家の息子も、高校まで毎日バスで通っていますが、一回往復するのに1500円ほどかかってしましいます。

定期券もそれほど安くはありません。

これも学校に通学するためには、しょうがない事なのですが、少しは、安くしてほしいと思います。

田舎からバスで通う生徒は、そんなに多くはないので、毎朝座って通えるというメリットはありますが、とにかく不便です。

帰りも1時間に1本あるかないかのバスを待って、帰ってくるわけです。しかも高い運賃を払って。その割には、地元の高校へ来てくださいだの、生徒数が減ったので、クラスを一クラス減らしますとか言われます。

田舎の子供たちは、通いたいのですが交通費が高いので、その高校に通うには、とても不便だし経済的な問題もあると思います。

もうすこし、交通費が安くなればその高校に行く生徒も増えると思うのですが。

卵が先か鶏が先かみたいな議論にはなると思いますが、とにかく、通勤、通学の交通費は少し安くしてもらいたいものです。

いっそのことスクールバスみたいなものがあれば、いいのにね。

行政もそのあたりを少しテコ入れしてくれると助かんるんですが・・・

この不便さを解消してくれるのが、結局は高価な金額を支払わなくてはなりません。

田舎で生活するということは、お金を使わなくていいと思われがちですが、実は、こんなところで、便利さを買うためにすごいお金を支払わされているのです。

それしか手段がないので、しょうがありません。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。