わさびの味の適量ってどれくらい

わさびのちょうどいい量(いい感じ)というのはどのくらいの量ですか

それは人それぞれです・・・といわれれば身も蓋もありませんが、何とか数値で表したいのです。

田舎暮らしを楽しんでいるアラフィフの星です。

私、アラフィフの星は、山の中で暮らしているにも関わらず、お刺身が大好きなんです。

田舎暮らしをする前は、海に近いところに住んでいたこともあり、その時は、魚をすごく安く買えたんです。

お刺身に、塩焼き、煮物・・・毎日が魚尽くしでした!!

その影響が、今も残っていて、夕食(というよりは晩酌)では、お刺身が必要なんです。

田舎暮らしでは、近くにスーパーはあるんですが、私が仕事から帰る時間には、もう閉まっています。

ですから、街から帰るとき(今は街まで仕事に行っています)に、街のスーパーによって、刺身を買って帰っています。もちろん保冷袋を持参しております。

 

そんな折、お刺身を食べながら思ったのですが、おいしいわさびの適量ってどれくらいなのだろうと・・・

少なすぎては、効果はないし、多すぎたら、鼻にツーンときて、お刺身本来のおいしさよりもわさびが目立ってしまい、お刺身を食べているのかわさびを食べているのかわかりません。

ツーンと来るくらいが適量なのか、ほとんどわさびの味がせず、香るくらいがいいのか、まあ人それぞれとは思いますが、いざ「適量」となるとわかりません。

料理番組でも「適量」といわれるとなんかいい加減だなぁと思いませんか?そこははっきりしてくれよとつっこみたくなります。

お寿司屋さんとか、ちょいちょいと、わさびを塗っていますが、これが適量という判断でいいのでしょうか?

お寿司屋さんの判断する適量というのは、ツーンと来るくらいなのか、それともなんとも感じない程度なのか、また回るすしでのわさびの「適量」もすごく興味がありますね。

さらに、外国人に、わさびを説明するときに、どのくらいの量のわさびをつければいいのか説明できません。

わさび(山葵)は日本古来の調味料です。

ここは、国際的にもわさびの適量を決めてみても面白いと思います。

世界的にわさびが広がるにつれて、わさびの需要も増えてくると思います。

その中で、「わさびの取り扱い説明書」および「わさびの基準」みたいな指標があった方がいいのではないでしょうか。

わさびが好きだからこそ、わさびの量にこだわりたいのです。

山の中で田舎暮らしを楽しんでいても、このわさびの量だけにはこだわりたいと思っているアラフィフの星でした。

「人気ブログランキング」に挑戦中。 今日の順位は何位でしょう?? クリックで今のこのブログの順位が見れます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

みんなの声