街での喫茶店の仕事から引き上げることにしました。

冬季の期間、高原は寒くてお客様が来ないので、街の喫茶店で働いていたのですが、それも終わり、またまた、地元の田舎へ戻っての飲食店の経営へと変わりました。

やっとホームグラウンドで仕事ができる喜びと、5か月間も喫茶店で働いてきたので、一緒に働いてきた仲間との別れは、つらいものがありました。

喫茶店では、コーヒーを中心とした、カフェラテだのマキアートだのいろんな種類のドリンクを作ることで、「カフェ」というものを短い間でしたが、体験できたことは、大きかったです。

さらにサンドウィッチを作ったり、パスタを湯がいたりと、普段はあまりやらない作業も、手際よくできるようになりました。

 

これからは、また田舎の観光地での仕事になります。

 

街では、あまり感じることがなかった、草木の色を毎日感じることができるうれしさは、なんとも言えません。

この時期の新緑は、紅葉の時よりも美しく、その美しい新緑の季節は、紅葉の期間よりもずっと短く、ほんの一瞬しか楽しむことができません。

気候も爽やかですし、なんといっても今年のゴールデンウィークは10連休です。

いよいよ、仕事も本気モードになってきました。

 

そんな本気モードになる前に、裏山にあるタラの芽を採ってきたので、明日は、タラの芽の天ぷらでも食べようと思っています。

 

明日は、中学校の新学期になって初めての授業参観と、PTA総会があります。

またまた、挨拶をしなくてはなりませんが、卒業式、入学式と経験してきたおかげで、ほとんど苦になりません。問題なしです。

何かひとつでも、笑いを誘うようなことを言おうかなと思うほど、余裕もあります。

経験することは、大きな財産になりますね…

そういうわけで、毎日1時間以上の通勤がなくなり、自由な時間が増えそうなアラフィフの星でした。

みんなの声