中学校の部活動で人数が減ると様々な問題が起こります

田舎の中学校なので、全校生徒が22名しかいません。

男の子は、ほぼ全員が野球部に入部します。

そうしないと試合に出るための人数がそろわないためです。

今年、入学してきたばかりの1年生も、野球を全く知らない子も入部していきます。そんな状態で夏の中体連を戦わなくてはなりません。

 

昨年度は、人数が少なかったので、隣の中学校と合同チームで出場しました。その後もその合同チームで、練習をしていきました。

 

そして春になり、新入生が入部し、こちらの中学校は、9人ぎりぎりの人数がそろいなんとか単独で、試合に出場することができます。

しかし隣の中学校には、新入部員が一人も入らず、またどこかの中学校と合同チームでしか出場できない状態になってしまいました。

 

そこで、こちらの中学校の3年生に「最後の試合だけど、単独で出るか隣の中学校と合同で出場するか」と聞いたところ、みんな「合同チームで出場したい」という思いでした。

誰の気持ちを優先するのかという問題なのですが、今回は3年生の意見を取り入れることにし、以前と同様、合同チームでの出場となりそうです。

こちらの中学校の1年生や2年生にとっては、もし単独で出るならば、出場の機会があったのですが、合同となると、試合に出ることは無理です。

相手の3年生は、もちろん昨年から一緒に練習をしている、こちらの中学校と合同で出場したいのは当然です。もしこちらが、単独で出場することになれば、また違う中学校と一緒に練習をはじめ、一からのチーム作りになってしまいます。

何より、こちらの3年生が言うには「ここ2年間ずっと一緒に練習をしてきて、チームとしてもまとまってきたのに、いまさら単独は、無理。勝つためには、今の合同チームでなければ戦えない」という事だったのです。

隣の中学校と言えど、2年間も週末だけですが、練習を一緒にやってきた仲間と試合に出場することを選んだのです。

もしこの夏の大会を、単独で出場したとしても、3年生が引退すれば、また合同チームでないと試合に出れなくなるので、結局は、この夏の大会のためだけに、単独になることは、あまり得策ではありません。

9人ぎりぎりだと、もし勝ち進んだとしても、ピッチャーが2人も3人もいるわけでもないので、一試合目に勝っても、二試合目はボロボロに負けるのです。

今はまだ、部活動での合同チームの話ですが、いずれは、学校の合併の話も出てきそうな感じです。

 

何年後になるかわかりませんが、そろそろ、そんなことも考え始めなければならない時期にやってきました。

みんなの声