田舎ならではのアットホームな飲み会

2019年9月21日

本来、今日は、いつも行く温泉の掃除当番でしたが、シフトの関係で、本日はお掃除がお休みでした。

温泉の掃除があるときは、閉店間際の21時前に行くのですが、掃除がない今日は、少し早め(といってもすごく早いですが)18時には、温泉に行っていました。

いつものように、ひと声かけて、温泉に入ります。

入浴客はいつものメンバーです。いつものメンバーとはいうものの、先客は一人だけですけど。

2人っきりの男湯で、二人そろてサウナに入ります。

いつものように何気ない世間話をしてサウナ内で、時間をつぶします。

ひと汗かいて、水風呂に入り、そしてまた温泉へ。

昔みたいに、3回も4回もサウナに入ることはなくなりました。

時間をかけずに、さっさとお風呂から出ます。

 

着替えをして、帰ろうと思い、大広間の前を通過しようと思うと、これまたいつものメンバーが、さあこれから「酒盛り」をやるぞと言わんばかりの勢いで準備しています。

「一緒に飲まんや」と声を掛けられ、一度は断ったものの、田舎独特の押しの強さに負けて、「まあ1杯だけ」ということで、座ってしまいました。

そこから、温泉が閉まるまで、約3時間ほどみんなと楽しく飲んでしまいました。

その会話の中には、まだまだ私の知らない地元のことが、次から次に出てきて、地元ならではの話もたくさん聞くことができました。こういう話は、外から来た人には、とてもうれしい話題ですね。勉強になります。

お風呂上がりの1杯は、やっぱり美味しいですね。

ついつい飲み過ぎてしまします。

最近、街に飲みに行く機会もなくなっていたので、久しぶりにこうやってみんなで飲むことができて、うれしかったですね。

次回の飲み会にもお誘いを受けました。

そういうい訳で次回の、温泉飲み会にも参加することにします。

次回の飲み会報告もお楽しみに(だれも楽しみにしていないと思うけど・・・)

年始の御節はこちらがおすすめ!! 『ハイアットリージェンシー東京』の和洋中おせちや 『札幌グランドホテル』の洋風オードブル、 『三陸海宝漬中村家』の海鮮おせちなど 全国の人気店の料理長が監修したおせちや、 大型のお重が人気の自社ブランド『ふく吉』のおせちなど バラエティ豊かなおせち料理は毎年ご好評をいただいております。

みんなの声