田舎の雪も捨てたもんじゃない~久住高原にも雪が降りました~

2018年10月7日

田舎暮らしの九州、久住高原にも雪が降りました。

アラフィフには多少きついですね。

車の運転も慎重にハンドルを操作しなければならないし、神経を使います。

今回の雪は湿気の多い雪で、べっとりしています。

暖かくなるとすぐに解ける雪ですが、その後は、とても汚れます。

特に車は、すごく汚れてしまいます。

雪道は気を付けてくださいね

先ほど、警察官がきて、新年のご挨拶にこられました。

というのも、たった今、この先数百メートル先で、スリップ事故があったそうです。このあたりの地元の人は、スリップするところがわかるので、ポイントではスピードを落として走行するのですが、初めて冬の久住高原へこられる方は、ついつい、スピードをだしたまま、カーブに新入してくるようです。

さっき事故を起こした方も、しっかりとスタッドレスタイヤをつけていたそうです。しかも四輪駆動の車だったそうです。そのことが逆に過信をまねいたのかもしれませんね。

道路を、右に左に蛇行し、最後は、土手の下に落ちたそうです。怪我が無かったのが何よりです。でも買って1年もしない新車とのこと。

JAFの車も大忙しのようです。行ったりきたりしています。

雪道運転は、経験がものをいう

私もそうでしたが、一度雪道でスリップすると、恐怖が植えつけられ、二度と滑らないように気をつけるものです。スピードも程ほどに安全運転に努めるようになります。一度安全なところで、わざとスリップして経験しておくことが、いいと思います。

お店も開けてはいるものの、お食事をするために来る方は、ほとんどいません。

道路状況を聞きにきたり、駐車場でチェーンを巻いたり、この先行くのか戻るのかを思案している方もいらっしゃいます。

とにかく事故がないように願います。

今も雪がしんしんと降り続いています。

こんな日は、蒔きストーブを囲んで、お茶でも飲みながら、ゆっくりと外の景色を見ながらすごすのがいいと思います。

薪をどんどん使うので、近いうちに薪の収集に行かないといけないですね。ただ、この雪がやまないと行くことはできません。

薪がなくなると寒いので営業もできなくなります。何とか、この雪がやむまでは、今ある薪でなんとかもちこたえようと少しずつ使うように頑張っています。

雪をひたすら眺めています。一度外に出てしまえば、あまりの寒さで、体の芯から冷えてしまします。冬の間は、じっと部屋の中で過ごすのがベストですね。田舎暮らし満喫中です。

 

by カエレバ

 

 

 

年始の御節はこちらがおすすめ!! 『ハイアットリージェンシー東京』の和洋中おせちや 『札幌グランドホテル』の洋風オードブル、 『三陸海宝漬中村家』の海鮮おせちなど 全国の人気店の料理長が監修したおせちや、 大型のお重が人気の自社ブランド『ふく吉』のおせちなど バラエティ豊かなおせち料理は毎年ご好評をいただいております。

みんなの声