田舎の温泉にはレトロがいっぱい

2018年11月22日

いつも行っている温泉には、レトロがある。

そのひとつが、こちら薪ストーブです。

私のお店で使っている薪ストーブは、ドラム缶型なのでこんなにかっこよくありません。

お店のドラム缶型の薪ストーブは、窓が小さいために、炎が見えにくいし、すぐにすすがついて、中身が見えなくなります。

 

この薪ストーブは、炎の様子が良く見えます。毎日きれいにガラスを掃除しているようです。

そうでなければ真っ黒になって、炎を見ることはできません。

そんなに薪は入らないので、そんなに熱くはなりませんが、ほんのりと暖かさが伝わってきます。

温泉に入った後、体が、温まり、牛乳を飲むには、この薪ストーブの前に陣取るのが、最高のポジションです。

 

タオルを乾かすのもよし、炎をじっくり眺めながら、物思いにふけるのもよし。田舎暮らしならではの、ゆったりと時間をすごしてもらいたいものです。

次に紹介するレトロなものはこちらです。

なんだかわかりますか。

ずーっと昔にデパートの屋上などで大活躍した、子供用の乗り物です。
前後左右に揺れるように動きます。

しかも無料なんです。

自分でコンセントを差し込んで動かします。

私が、この田舎に来たときには、1台しかなかったものが、いつの間にか2台になっていました。

今でもコンセントを差し込むと現役で動きます。
私の子供が小さいころは、よくこれに乗って遊んでいました。

大人が乗ると壊れそうですが。

子供たちは、温泉に入ると、どうしても大人よりも先に出てしまいます。
そんな時、この木馬が大活躍していました。
今でも小さいこの子供たちは、大喜びで乗っていますよ。

こういうものは、いつの時代になっても子供たちに、喜ばれるものなんですね。

ずっと現役で活躍してもらいたいですね。

子供たちが喜ぶ姿が、ほほえましいです。

 

最近の温泉ネタといえば、やはり大相撲ですかね。

いつもの温泉メンバーで、いつもの時間にサウナに集合し、今場所の対戦をテレビを通して見るのです。
今場所は、いろいろと事件があったので、いつも以上に盛り上がります。
最近の注目は、やっぱり横綱を中心とした取り組みです。

注目の取り組みが終わるまで、みんな、じっくりと汗をかきかき、我慢してサウナの中で頑張ります。

そして注目の取り組みが終わると一斉に水風呂へ直行、そして次の取り組みが始まるまでには、本の定位置に集合します。

やんや、やんやの大歓声の中取り組みが進み、相撲が終わるまで、とても楽しい時間を共有しています。
相撲はやっぱり面白いですね。

今日も温泉で相撲観戦をしてこようと思います。



田舎暮らしで頑張っています。クリックでこのブログの順位をみることができます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税は楽天で。楽天ポイントもたまります。