田舎の企業は、苦労しています。

今回、水道管の凍結で、田舎の業者といろいろと話をさせていただきました。

その中で、気になることというか、共通する問題点がいくつかあったので、書いてみたいと思います。

一つ目は、人材がいないということ。入社してくるもののすぐに仕事をやめてしまうそうです。やめた後の補充はなかなかできず、いままで5人体制で行っていたものを、やむ終えず4名で行うようになる。そうすると、いつもは2交代でできたものを、交代なしの体制で頑張らなければならない。

また、人がいるときは、外に配達に行っても、そのついでにいろいろと御用聞きができたのが、人が少ないために、急いで戻ってこないと店舗が回らない。結果、売上をとりそこなうということが起きているようです。

端から見ると、ちゃんと現場は回っているように見えます。また何もわかっていない上司も、同様の見方をするそうです。でも実際には、大きな機会損失がそこにはあるようです。

売上は、徐々に下がり、結果、その人数で運営するしかないようです。悪循環のようです。思い切って人を入れようにも、人がいない。人がいなくてもなんとかやっていける。このような仕組みで悪循環なのです。

田舎の企業におけるもうひとつの問題は、跡継ぎがいないということです。

現場の仕事をされている方などは、すごい技術を持っている方がいらっしゃいます。そういう方は、すでに高齢で会社の代表であるところも少なくありません。

そのような企業で、その代表がいなくなると、人も技術もなくなってしまうのです。

そのような中小の会社がここにはたくさんあります。

技術を教えようにも、若い新入社員のような人材しかなく、技術を受け継いでくれる人がいないのです。結果、その会社をついでくれる人がいないという状態になるのです。

そんな状況の中で、いち早く会社を解散するところもあります。

周りの同業者がどんどんいなくなり、そのおかげで、仕事は減ることはないが、こんどは跡継ぎがいないという会社の多いこと。

いま、地元に本社を置いている会社のほとんどが高齢化で苦しんでいます。

元気の良い会社は、この街に本社がある会社ではなく、ほかからやってきた会社ばかりです。

地元の会社がなくなれば、それだけ地元に落ちるお金も減るわけですから、ますます、貧しくなっていきます。

全てが、悪い流れです。

この流れを食い止めるためには、新たに会社をどんどんこの場所で立ち上げることだなと考えています。

私もその一翼を担っていこうかと思案しております。

アラフィフ、久しぶりに薪ストーブに火を入れた

現在、水道管が破裂し、お店をオープンできないので、お店にはほとんど出勤せず、別の仕事をしていました。

今日、久しぶりに店に行って、打ち合わせなどがあったので、打ち合わせ相手をまっている間、寒いので、久しぶりに薪ストーブに火を入れることにしました。

薪ストーブの中に、木や枯れた竹などを入れて火をつけます。

いつもなら、すぐに勢いよく燃えていくのですが、今日は、いつもと火のつきが違います。

久しぶりに来たせいか、薪が冷えて、しまってます。

氷点下にもなるので、薪の中の水分も凍っていたようです。

火がなかなかつきません。

煙ばかりがでてきて、前が何も見えないし、目は痛いし、部屋中真っ白になります。

しょうがなく、窓を開けて風を入れます。

部屋を暖めようと思っていたのに、窓を開けることで、帰って寒くなってきます。

薪もそんなに準備してなかったので、あわせて、薪を切る準備もします。

ようやく火が安定してきたので、体を温める暇もなく、薪割りに行ってきます。

通常は、雑木、クヌギやさくらの木を蒔き用にきっていきます。

しかし、今日は折角時間があるので、お正月のときに使った、門松を分解して残った竹を切ることにします。

木に比べて、チェーンソーで切っていくのにそんなに時間はかかりませんが、丸いので、くるくる回って、切りにくいのが難ですね。

そうやってひとしきり、木を切っていくと汗びっしょりに。

これじゃ、ストーブいらんやないかい!!

全くチグハグです。

折角なので、自販機でコーヒーを買って、ストーブの前でほっこりしています。

天気はいいのでだんだんと暖かくなってきました。

今日はこれから、壊れた水道管の修理の見積もりを頂くことにしています。

春から、再び通常通り営業できるのか、今日の見積もり次第ですね。

しかし何とか、復活して新たなスタートをきらなければなりません。

店舗を続けていくのにも、お金が出て行くばかりで、入ってくることはほとんどありません。特に今年の冬は、寒さが半端なく、しかも寒波が長かったせいか、いつもの久住高原ではなく、町全体が、冷え切ってしまいました。

これから、いろんな山菜が出てきて、春の訪れを知らせてくれるでしょう。

そして、恒例の野焼きが行われます。なんとか店舗を復活させて、お店を軌道に乗せなければと、そればかり考えています。

お金はありませんが、やる気とわくわく感だけで、なんとか今日まで頑張れています。

一体今年はどうなることやら。

アラフィフ、久しぶりに街で仕事をしてきた。

高原の店舗が、水道管凍結のため、営業が停止している状態なので、今日は、街まで降りて、厨房機器の納品に行ってきた。

今まで、食品などを売る、販売の仕事は、得意だが、機材の搬入などはしたこともなく、とりあえず、足手まといにならないようにということと、納入の仕方などを、見させてもらった程度で、とても仕事をしたというところまでは、いっていないように感じた。

しかし、これから店舗が、閉店している間、いろんな仕事に首を突っ込んで、経験して行こうと思います。

店舗からも、以前ピザを作ろうと思い、持ってきた、大きくて重いミキサーも出して、販売することになりました。

この搬出作業を手伝い、新たな買い手までトラックで運ぶという作業もあわせて行いました。

力仕事というよりは、要領ですね。

なんでもそうですが、経験が物を言います。

納入、搬入の仕事が、一通り終わり、久しぶりに、以前、お世話になっていた、パン屋さんへ顔を出してきました。

店長さんが、相変わらず、すばらしい手のこなしで、次々にパンを作っていきます。

久しぶりに嗅ぐ、パンの香りにも癒されます。

私もここで、数ヶ月パンと格闘していたわけですが、その頃のことを思うと、つらさと楽しさが半々ぐらいで記憶がよみがえってきます。

そんな1日を終えて、田舎に帰るときに思ったことに、仕事は安定していないが、家族と一緒に暮らせて、平凡が幸せなんだと。

そう考えると雪のふるに日、子供たちの送り迎えなど大変なときもあるけれども、それさえも幸せに感じます。

日ごろなんでもないところに、充実した気持ちと充実した感謝が落ちているんだと、改めて感じさせられます。

今の仕事をしていると、今まで出会ったことのない人たちと多く出会う機会があります。それもサラリーマンの方では、それなりの肩書きを持った方、また自営業者の方では、社長さんや、役員さんなど、年配の方が多いです。

そのような方々は、ほんとにいろんな経験をされています。

人の数だけ人生があるとは、よく言ったもので、私が想像もしない、ほんとにこんな人生あるんやと思うような人生を経験されている方がほとんどです。

表向きには、みんな普通に生活しているけれど、それぞれに悩みがあり、それぞれの問題を抱えているんですよね。

そんなことを帰りの車の中で考えていました。

生きていくということは、いろんな経験をしていくということなんですね。

明日からも仕事頑張りましょう。

田舎での野菜の販売方法(その2)

スーパーに出荷された野菜は、一体いくらの価格で販売されているのかというのも、興味があるところだと思います。

基本、価格は、野菜の生産者が自ら決めています。市場にあわせて、価格を決めてよいのです。

DSC_0286

ただ、田舎の自分の畑で作った野菜に関して、おじいちゃんやおばあちゃんたちは、市場の価格は動でもよく、おいしいものをみんなに食べてもらえれば、それで十分という意識です。

その意識が返って、消費者の心に響くときがあります。スーパーの野菜売り場で買ったら500円もする白菜を産直で買うと、いつもと同じ200円で買うことができることがあるからです。

いつも値段は、市場に関係なく安定しているからです。

そんな時期は、すぐに野菜がなくなります。業者さんや飲食店をされている方々が大量に購入していく場合もあります。

きっちりと市場価格を見極めて価格を決めれば、もっと利益が出るのでしょうけど、その手間が大変なのでこうなるようです。

産直が人気なのもわかります。

スーパーなどに並べられた産直野菜ですが、売れ残った場合はどうなるのでしょうか。

この場合、翌朝、全ての前日商品は撤去され。集荷所に持って帰ることになります。

集荷所に持って帰った野菜は、出荷した生産者が、責任を持って、持ち帰るようにしています。

持って帰らない野菜を出荷した人は、廃棄料としてペナルティーを課せられます。

さて、売上はどのようにして計算されているのでしょうか。

商品には、全て、バーコードがついたシールを貼って出すことにしています。このバーコードは、道の駅などで、出荷を登録した人に引接して配られます。

その際商品名と価格と自分の名前を言えば、シールを作ってくれます。このシールを自分たちで、包装した商品に貼り付けるのです。

レジでは、この商品に貼った、バーコードを読み取り、誰の何がいくらで売れたということを集計し、売上を計算していくのです。その際価格の2割を販売手数料として、道の駅が頂くシステムなのです。

例えば、100円で野菜を販売した場合、80円が農家さんの売上に20円が、道の駅の販売手数料として、渡されるわけです。このような仕組みで、売れた分だけを清算する仕組みなのです。

野菜の包装の仕方や価格のつけ方などで、それぞれの農家さんの売上は、かなり差が出てきます。

またシールには、生産者の名前が出ていますのです、いつもいい商品を出す人は、消費者が覚えていて、その人の農産物を指名して買われるお客様も出てきます。

こうなるとすごくやりがいが出てきます。