椎間板ヘルニアを発症して半年が経ちました ~経過報告~

夏の仕事が忙しいときにヘルニアになりました。

椎間板ヘルニア 症状は足が痛い!! 治療法はあるのか?

あれから半年が経ち、今、私の椎間板ヘルニアは、どのようになっているのでしょうか。

実は、良くも悪くもなっていません。

悪くはなっていませんので、まあそれは、それでいいのですが、痛みが引かないことには、いろいろと差支えがあります。

ただ、痛みといっても、朝から晩まであるわけではなく、起きてから徐々に痛くなってくるのです。

朝一番は、足がしびれている程度なのですが、お昼ご飯を食べるころから、あ~今日も痛みがやってきた、という感じで、痛くなってきます。

それから夕方へ向けて、痛みが徐々に増してきます。そういうことで一番痛いのは、寝る前ということになります。

ここで問題になるのは、薬(痛み止め)を飲むのか飲まないのかということです。

薬(痛み止め)を飲むならば、食後がいいと、医者が言っておりました。空腹時に飲むと、胃があれたりするそうです。できるだけ胃の中に何かを入れた状態で、薬を飲んだほうがいいというのです。(私自身、1日に2回薬を飲むことは避けたいと思っています)

となると、お昼ご飯を食べてから飲むか、夕食後に飲むかということになります。(朝一番は、痛くないので、飲む必要はありません)

仮に、お昼に飲んだとします。すると夕方の仕事の時は、絶好調で働けるのですが、夜の温泉掃除のころから、だんだんと痛みが戻ってきます。

やっぱり温泉掃除のときは、体を動かす仕事なので、痛みは最小限がいいのですが、お昼に薬を飲むと、そういうわけにはいきません。

一方、夕食後に薬を飲むと、夕方の仕事のときは、痛いのですが、夜寝るときは、まったく痛くないので、スムーズに眠ることができます。しかも温泉掃除のときも、まったく問題なく作業ができます。

ただ、夕方まで薬を我慢することで、今日は、もう薬をまなくていいや、という気分になるのです。

できるだけ薬は飲みたくないので、せっかく夕方まで、薬なしで、我慢できたのだから、あと少し我慢すれば、今日1日、薬なしで生活できた・・・という自己満足というか、自己達成みたいな、変な頑張りが出てきます。

昼に、薬を飲まなかった時は、できるだけ、1日を通して、薬を飲まないように、心がけています。

ただ、温泉掃除のある日は、飲んでしまいますね。

こうやって、薬を利用して、椎間板ヘルニアとうまく付き合っていけば、そんなに苦にはならないのですが、やっぱり痛いのはいやです。

こんまましていれば、自然に痛みは、和らいでいくということですが、どれくらい時間がかかるのかは、個人差があるようです。

ちょっと違った手法も使ってみようと思います。

先日、針灸の先生を紹介されたので、今度はそこに行ってみようと思っています。

針灸に行ったときには、またご報告いたします。

椎間板ヘルニアがなかなかよくならに、アラフィフの星でした。

 

みんなの声